スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 経済部 > 労働政策局人材育成課 >  平成28年度若年優秀技能者知事賞


最終更新日:2019年2月08日(金)


平成28年度若年優秀技能者知事賞


”画像”北海道若年優秀技能者知事賞


 平成28年度若年優秀技能者知事賞は、次の11名の方々が受賞されました。

氏名(年齢 職名 団体名・現住所 功績の概要
河端 康平

(27歳)
kawabata
鉄道車両組立工・修理工 札幌交通機械株式会社


札幌市南区
 札幌交通機械株式会社に入社以来、鉄道車両整備業務に従事し、技術の研さんに努めている。
 技術の優秀性として、1級技能検定合格のほか、乙種全種の危険物取扱者やフォークリフト、床上操作式クレーン等の資格を取得し、その向学心で常に技術、技能の向上に取り組むばかりでなく、同僚や後輩に対する指導も適切で模範となっている。
 創意工夫による作業の効率化、安全性向上の取り組みでは、担当する検修品の増加に伴い手狭となった作業場の確保のため専用の部品置き場を考案・作成して作業場の確保と発送作業の効率化を同時に解決した。
 後輩社員のヒヤリハットを聞き逃すことなく、冶具に改良を加え労働災害を未然に防止するなど、業務の安全、品質、効率の向上に努め、高い評価と信頼を得ている。
岡部 央

(25歳)
酒類製造工 曲イ田中酒造株式会社


札幌市西区
 曲イ田中酒造株式会社入社以来、日本酒、焼酎、その他の醸造酒、リキュールの製造作業に従事し、独立行政法人酒類総合研究所の醸造講習を修了するなどの努力により、優れた技能を取得するとともに、北海道酒造業界の振興、地域社会の発展に貢献している。
 女性向け酒類製品開発については、果実リキュール「小樽美人」シリーズの開発プロジェクトに参加し成功を収めており、全国から選抜された「地方の魅力発信若手リーダー米国派遣事業」の一員として、米国で自らの仕事のプレゼンテーションを行った。また、札幌商工会議所が現場で活躍する女性労働者を表彰する「札幌なでしこ表彰」に選ばれるなど、女性技能者の少ない酒造業界であるが、女性が活躍できる産業であることを実証しており、今後業界で働くことを希望する女性労働者の模範となっている。
蒲原 幸太

(30歳)
金属材料製造検査工 日鉄住金テクノロジー株式会社室蘭事業所


室蘭市
 ノーステクノリサーチ(株)(現日鉄住金テクノロジー(株)室蘭事業所)入社後鋼材の出荷検査業務に従事し、日々の努力により優れた技能の習得と、安全作業の教育係を行っている。
 鉄鋼の品質検査業務に必要とするすべての技能試験で1級を取得し、非常に信頼される試験データを提供している。
 「矯直切断刃の修復改善」で高価な切断刃の再利用方法を考案し、大きなコスト削減につなげるなど多くの職場改善活動を行い、安全面では、危険体感研修所の講師となって職場の同僚たちに自分たちの業務と照らし合わせた安全教育を企画、実践して職場全体の意識高揚をはかるなど、職場の先頭になって行い、若手のリーダーとなっている。
安田 貴徳

(29歳)
金属材料製造検査工 日鉄住金テクノロジー株式会社室蘭事業所


室蘭市
 ノーステクノリサーチ(株)(現日鉄住金テクノロジー(株)室蘭事業所)入社後環境分析業務、鋼材製品の成分分析業務に従事し、化学分析作業全体に精通した優れた技能を有している。
 化学分析技能士1級の取得を始め、第1種衛生管理者、水質関係第1種公害防止管理者等の資格を取得し、高い技術技能と安全衛生面での知識を合わせ持ち、安全な業務管理をしつつ確かな試験データを提供している。
 「鋼中の微量元素迅速分析方法の開発」により、品質管理に関わる微量元素の迅速、高精度、高効率な分析方法を確立するなど、数多くの職場改善活動を実行し、また、豊富な業務経験から、若手育成の講師となって指導にあたり、化学分析作業における技術技能伝承の「懸け橋」となっている。
島田 尊文

(29歳)
築炉工 大和工業株式会社


室蘭市
 大和工業株式会社室蘭事業所に入社以来、築炉工として工業炉の耐火物築造作業に従事し、たゆみない努力により優れた技能を取得してきた。
 2級築炉技能士、1級築炉技能士の資格を取得し、耐火煉瓦積みの中でも複雑な異形煉瓦の施工を得意とし、正確さと速さにおいて上司・先輩からも評価されている。また、従前から行っている自社の築炉作業方法を、これまで培った経験と独自の発想で、安全作業及び能率向上につながる提案をリーダーとしてたびたび行っている。
 地域の祭りやイベントに積極的に参加するほか、近隣の保育園の遊具等の修繕、ボランティア活動等を通じて地域への貢献も行っている。
 また、後進の指導を熱心に行い、若年層の技能向上に向けた取組を積極的に行うなど、道内若手築炉技能士のなり手が少ない中、卓越した技能を有する貴重な人材として他の模範となっている。

増田 隆治

(25歳)

masuda

とび 株式会社鈴木工業

苫小牧市
 株式会社鈴木工業に入社して以来、とびとして発電所建設などのライフラインには欠かせない物の業務に従事し、社会全体にあって当たり前のライフラインを供給できるよう、たゆみない努力と技能の研さんに努めている。
 2級とび技能士の資格を取得しており、第9回北海道鳶技能競技大会では3位、若年組優勝。第10回道大会では4位に入賞するなど、優秀な技能を有している。また、作業の効率化・安全性の向上・工事のスピード化・次世代の若年者への指導などにも積極的に取り組み、何事にも挑戦する姿勢が他の若年技能者の模範となっている。
岩城 周平

(30歳)
鉄道車両組立工・修理工 北海道旅客鉄道株式会社
函館支社五稜郭車両所

函館市
 北海道旅客鉄道株式会社入社後、鉄道車両のメンテナンスの一部である配管ぎ装関係業務に従事し、鉄道車輌製造・整備技能士(配管ぎ装作業)1級・2級、走行装置整備作業2級を取得するなど、努力を惜しまず最後までやり抜く行動力により優れた技能を習得し、鉄道の安全・安定輸送に貢献している。さらに、北海道新幹線開業については、車両のメンテナンス技術を確立するために新幹線基地の業務にも携わり、技能・知見を発揮し、地震の技術習得のみならず後進技能者の指導も行っている。
また、本社主催の鉄道技術の検修に関わる業務研究会に出場し、自らの知識・技能を存分に発揮し優秀賞を獲得するなど、他の模範となっている。
佐藤 郁弥

(30歳)
建築大工 株式会社小西工務店


檜山郡上ノ国町
 株式会社小西工務店に大工見習いとして入社、現在は建築大工としてたゆみない努力によって優れた技能を習得するとともに、業界の振興、地域社会の発展に貢献している。
 木造建築工事における施工法・工作法の技能は業界内で高く評価されており、在来木造建築工事においてはすべて一人で施工できる能力を有しており、道内若年技能者の第一人者の一人といわれている。
また、入社後により高度な建築大工の知識、応用実技を習得するため函館総合建設高等職業訓練校に入校、1級技能士の取得、平成23年には全道建築大工技能競技大会で2級組の2位を受賞するなどの体験を仕事に生かすなど、その技能習得の姿勢は、他の技能者の模範となっている。
宮城 泰裕

(30歳)
建築大工 株式会社広翔カワハラ


旭川市
 株式会社広翔カワハラに入社以来、建築大工として住宅建築の業務に従事すると同時に、認定職業訓練旭川建築高等職業訓練校に入校し、技能の向上・習得に努め、在校中から各種競技大会に積極的に参加してきた。全道建築大工技能競技大会では、五輪組、2級組、1級組のすべてで1位を獲得しており、出場した技能五輪大会、技能グランプリでも敢闘賞を受賞するなど日頃から技能効能に高い意欲を持っている。
 また、旭川建築技能協会が実施する「一人暮らしの高齢者住宅の修理」ボランティアや「技能士重用の街頭キャンペーン」などにも積極的に参加をしている。
 こうした姿勢は、同年代や後輩技能者の手本であり、後進者の目標となっており、事業主や顧客からの信頼も厚い。特に木造住宅建築における規矩術に係る技能では道内若手技能者の中で第一人者といわれている。
薄田 卓也

(27歳)
左官 株式会社小池左官工業


釧路市
 株式会社小池左官工業に入社後、仕事の傍ら釧路高等技術専門校で左官としての知識・左官技法習得に励み、その後もさらなる技術向上のため、日々たゆみない努力を続け、2級技能士の資格を取得、現在は1級技能士・職業訓練指導員免許の取得を目標に技能研鑽に精励している。
 まじめな人柄や実直さ、仕事に対しての自己への厳しさや真摯に取り組む姿勢は、職場内での信望も厚い。また、後輩への指導も熱心でよきリーダー的存在として慕われている。在職者向けの近代的・伝統的工法を習得するための講習会に積極的に参加するなど、常に左官技能の向上へと取り組む姿は、業界内の若年技能者の範となっている。
 釧路高等技術専門学校で行われている「学校奉仕事業」や、「地域への支援活動」に積極的に参加し、市民に左官技術や職人技を広く知っていもらうための活動にも尽力するなど、時代の左官・建設業界並びに北海道産業の発展にも大きく寄与するであろうと思われる逸材である。
中村 啓太

(27歳)
塗装工 メグロ塗装


標津郡中標津町
 メグロ塗装に入社、塗装工として従事し、たゆまぬ努力により卓越した技能を身につけ、2級技能士の資格を取得するとともに、地域社会の発展のために努力し、また後輩技能者の指導育成に尽力している。
 塗装技能のうち、特に塗料の調色技術が優れており、色ののぼりを計算して補修工事の現場では既存の色に素早く正確に合わせることができるなど、その技術は若手技能者の中で第一人者といわれている。
 また、中標津地方技能士会の事務局長補佐幹事の役職に就き、その優れた事務能力により庶務等に貢献、技能士会青年部が主体となる技能祭にもスタッフとして参加し、社会的責任の重要性を身をもって若手技能士に示しているなど、将来の技能士会運営推進の要となる重要な人物である。