スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 経済部 > 労働政策局人材育成課 >  平成27年度認定職業訓練優良訓練生知事賞

北海道の分類: 産業・経済 > 雇用・労働 > 産業人材

最終更新日:2018年2月15日(木)


平成27年度認定職業訓練優良訓練生知事賞


“画像”認定職業訓練優良訓練生知事賞


 平成27年度認定職業訓練優良訓練生知事賞は、次の5名の方々が受賞されました。

氏名(年齢 訓練校名・現住所 訓練科目 受賞理由
山崎 匠

(21歳)
旭川建築高等職業訓練校 木造建築科

 入社以来、座学や実技を学びながら、住宅建築現場においては棟梁の元で実施工に真摯に携わり、仕事に対する熱心さ、技能習得に対する向上心など先輩職人たちからも高く評価されている。技能五輪全国大会に北海道代表として出場するなど、地域にとっても優秀な建築技能者として将来が大いに期待できる人材である。

佐々木 勇人

(19歳)
土屋アーキテクチュアカレッジ
   
木造建築科

 高校在学中に2級技能士を取得するなど向上心が旺盛で、現場では親方や先輩から学ぶ姿勢も真摯である。将来は大工になるという明確な目標を持ちながら充実した訓練生活を送り、訓練成績・勤務状況とも極めて優れている他、訓練修了後も技能の向上に一層励み、優秀な技能者として成長が期待できる人材である。

吉田 彩香

(21歳)
札幌左官高等職業訓練校 左官・タイル施工科  訓練全体を通して優秀な成績をおさめ、生活態度は常に真面目で礼儀正しく、指導員や訓練生からの信頼も厚く皆の模範となっている。実技訓練での仕上がりの美しさはプロも認めるほどの腕前である。技能向上研修会等にも積極的に参加し左官の腕を磨くとともに、奉仕活動等に参加することでより良い対人関係を築くなど、優秀な技能者としての活躍が期待される。

田中 綾乃

(22歳)

北見技術工学院 木造建築科  第54回技能五輪全国大会北海道予選(建築大工職種)ではその技能を遺憾なく発揮し、北海道で初めて女性として第1位を獲得した。夜遅くまで課題作成に何度も積極的に取り組み入賞を果たしたことは、技能の重要性を認識した上で更に高度な技能習得を目指す将来の目標が形となっている。訓練生の中でもムードメーカーとして評価されており、将来はリーダーとして活躍することが期待される。

福士 賢哉

(20歳)

釧路高等技術専門校 鉄筋コンクリート施工科  集合訓練における学科の成績が素晴らしく、リーダー的な存在として他の訓練生を引っ張って授業を受けていた。現場での先輩たちからの評判も良く、自ら進んで仕事に取り組み、周囲の模範となっている。第41回認定職業訓練生主張発表北海道大会において最優秀賞を受賞した。