スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 経済部 > 労働政策局人材育成課 >  北海道職業能力開発普及促進標語を募集します


最終更新日:2012年4月17日(火)


北海道職業能力開発普及促進標語を募集します


北海道職業能力開発普及促進標語を募集します

~11月は職業能力開発促進月間です~
※平成23年度の募集は締め切りました

 

職業能力開発は、労働者の皆さんの職業能力の開発及び向上を促進し、もって職業の安定と労働者の
地位向上を図るとともに、経済及び社会の発展に寄与するために行われています。

このうちでも、公共職業能力開発施設は、職業能力開発促進法等により、国及び都道府県が設置し、
労働者等の職業能力の開発・向上を図るほか、職業能力に関する情報・資料の提供、その他必要な
援助を行っています。 

このたび、11月の職業能力開発促進月間を前に、公共職業能力開発をはじめとした職業能力開発を
知っていただき、その促進を図るため、広く皆様から標語の募集を行うこととしました。

皆様からのたくさんの応募をお待ちしています。


公共職業能力開発について、
詳しくはこちらをご覧ください。
民間における職業能力開発について、詳しくはこちらをご覧ください。

1 募集標語

職業能力開発の普及促進を呼びかけるもの


2 応募要件

応募資格は特にありません。(道外在住者も可)

ただし、次の要件をすべて満たすものとし、要件を満たしていないことが認められた場合、
 選考の対象
としません。
  また、選考後に、要件を満たしていないことがわかった場合には、選考結果を取り消します。

(1) 作品は未発表のものに限ります。

(2) 作品は第三者の著作権等の権利を侵害しないもの、また、公序良俗に反しないものに限ります。


3 入賞作品の取扱い

(1) 入賞作品に係る著作権等諸権利は北海道に帰属します。

(2) 入賞者の作品、氏名、所属(勤務先・在学先)及び標語の趣旨は、北海道庁ホームページ等で
 公表させていただきます。


4 選考及び結果の公表等

 応募作品を選考の上、入賞作品1点を決定します。入賞作品は、北海道庁ホームページで氏名、
 所属(勤務先・在学先)及び標語の趣旨とともに公表します。

 なお、入賞作品の制作者には別途お知らせし、賞状を贈呈するほか、入賞作品は、職業能力開発の
 普及促進のほか、北海道の所管する公共職業能力開発施設のPR及び学生募集資料等に使用させて
 いただきます。


5 応募先

北海道経済部労働局人材育成課訓練推進グループあて

〒060-8588 北海道札幌市中央区北3条西6丁目

ファクシミリ011-232-1044

E-mail keizai.jinzai1@pref.hokkaido.lg.jp 

(本件に関しメールを送信の際は、件名に「標語」と記載してください。)


6 応募方法

上記応募先あて、締切までに提出(郵送、ファクシミリ、電子メール)してください。

 応募用紙はこちらから Word PDF

  電子メールでご応募の場合、メール本文中に次の必要事項を記載してください。
  (上記応募用紙での送付は不要です)

(1)住所(2)氏名(ふりがな)(3)電話番号(4)職業・在学校名(科名・学年)等
      (5)メール
アドレス(6)応募標語(7)標語の趣旨
            (そのほか、コメントがあれば記入してください)

なお、本件に関しメールを送信の際は、件名に「標語」と記載してください。


7 応募締切

平成23年10月24日(月)必着


8 お問い合わせ先

北海道経済部労働局人材育成課訓練推進グループ 

電話011-231-4111(内線26-521) または011-204-5358(ダイヤルイン)


9 その他

前回の北海道職業能力開発普及促進標語

その腕(て)には 煌(ひか)る技術と 可能性

 

(参考)「職業能力開発促進月間」及び「技能の日」について

昭和45年に技能五輪国際大会(国際職業訓練競技大会)がアジアで初めて我が国で
開催されたことを記念して、その開会式が行われた11月10日を「技能の日」、その
11月を「職業能力開発促進月間」(昭和60年に「技能尊重月間」から改称)と定め、
昭和46年から、毎年11月を中心に職業能力開発に係る諸行事を全国的に展開しています。