スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 経済部 > 函館高等技術専門学院 >  システム制御技術科-訓練の様子


最終更新日:2019年4月24日(水)

システム制御技術科 訓練の様子

1年生の訓練の様子

訓練の様子

実施風景

4月

6月

学科では、電気理論や数学などを学び、簡単な回路計算から取り組みます。

実習では、パソコンの操作(オフィスソフトやOSの操作)や半田付け作業、アルミ板加工などの基本的な工作に取り組みます。はじめは慣れない作業も次第に上手になっていきます。

半田付け作業の写真

7月

9月

学科では、デジタル回路や電子回路など様々な回路について学んでいきます。

実習では、C言語の書き方から始め、少しずつ複雑な処理ができるようになっていきます。また、マルチメータやオシロスコープといった計測器の使い方を習得します。

プログラム実習の様子の写真

10月

12月

学科では、製図やコンピュータの仕組みなどについて学びます。

実習では、これまでの学科で学んだ電子回路やデジタル回路を実際に作成し、動作を確認しながらさらに理解を深めます。また、コンピュータネットワークの構築やWebページの作成にも取り組みます。

電子回路実験の写真

1月

3月

実習の時間が増えてきます。

センサやモータの実験を通して、動作や特性を理解していく実習やパソコンの組立を行い、構造や取り扱いを学ぶ実習などに取り組みます。

また、C言語プログラミングの検定試験にも取り組みます。

パソコン組み立て作業の写真

2年生の訓練の様子

実施の様子

実施風景

4月

6月

学科では、第二種電気工事士の筆記試験対策やパソコンなどで利用される通信の種類や仕組みについて学びます。

実習では、有接点リレーによるリレー回路の組立やラダー図によるシーケンサを利用した模擬的な生産装置の制御などに取り組みます。

シーケンス実習の写真

7月

9月

第二種電気工事士の実技試験に向け、基本的な作業から課題の作成まで積み重ねていきます。また、マイコンプログラミングにも取り組み、LEDやモータなどの制御を行います。

マイコン制御実習の写真

10月

12月

これまで学んできた電子回路やプログラミングなどの知識を活かして一人1台ずつ
マイコンカーを製作します。このマイコンカーはコース上の白い線をたどるように
走行します。繰り返し走行テストを行い、スムースに走行できるように完成度を
高めていきます。

ライントレースカーの写真

1月

3月

2年間の訓練の仕上げとして、半年ほどかけて修了製作に取り組みます。数名ずつの班に分かれてテーマを決定し、部品選定、設計、製作、調整というものづくりの一連の過程を役割分担をしながら、経験していきます。そして最後にその成果をまとめ、発表します。

修了製作発表会の写真

科のページへ戻る

北海道立函館高等技術専門学院

Hokkaido Prefectural Hakodate Technical Training School

〒041-0801   北海道函館市桔梗町435番地