スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 経済部 > 函館高等技術専門学院 >  機械技術科-訓練の様子(3月26日更新済み)


最終更新日:2019年3月26日(火)

機械技術科 訓練の様子

1年生の訓練の様子

訓練の様子

実施風景

4月

5月

 ○ 測定・手仕上実習

 

 機械加工で必要となる測定技術を身につけます。

 また、やすりなどを使用した手仕上げ加工を通じて、工具や工作機器の使用方法について学びます。

 

※ 写真は、ケガキとポンチで印をつけた材料に、ボール盤を使用しドリルで穴を開けているところです。

ボール盤作業

5月

6月

 ○ 旋盤加工実習

 

  旋盤を使用した機械工作の基本を身につけます。 

 図面の寸法どおりに円柱状の鋼材を削ることで、加工方法の基本を学びます。

 前段で身につけた測定方法を活用し、大胆かつ繊細に加工します。

 

  訓練の成果を発揮する技能検定試験は6月中旬に実施しました。

旋盤作業

6月

7月

 ○ 手書き製図実習

 

 製品加工の基となる図面についての知識を身につけます。

 ドラフターを使用し、製図規則を学びながら思い通りの図面がかけるように訓練します。

手書き製図作業

8月

9月

 ○ CAD製図実習

 

 手書き製図で得た知識を基に、パソコンを使用した図面製作の知識を身につけます。

 操作方法をしっかり習得し、効率よく図面がかけるようにします。

CAD製図作業

8月

11月

 ○ フライス盤加工実習

 

 フライス盤を使用した機械加工の基本を身につけます。

 円柱状の鋼材から立方体を削り出したり、立方体に溝加工や勾配加工を施す実習をします。

 図面をしっかり理解し、測定器具を正しく使用して、精度の高い加工を目指します。

フライス盤作業

10月

3月

 ○ 旋盤加工実習

 

 6月の検定までに学んだことを復習しながら、ねじ切りや突っ切り加工といった新たな加工方法を身につけます。

 使用工具が増えるので毎日の復習が大切になります。

旋盤作業の様子

11月

12月

 ○ 熱処理実習

 

 日頃の実習で使用している「鉄」が、加熱温度と冷却スピードによってどのような性質変化をするか実験を通じて学びます。

 鉄系金属の特徴を覚えるための大事な実験となります。

熱処理実験の様子

1月

3月

 ○ NC加工実習

 

 汎用機と呼ばれる「手動」で操作する旋盤・フライス盤加工を基に、「自動」で加工するNC加工機の操作・加工方法を身に付けます。

 プログラムを組み合わせることで多種多様な加工をすることができます。

マシニングセンタ加工の様子

2年生の訓練の様子

実施の様子

実施風景

4月

6月

 ○ 制御実習

 

 基本的なシーケンス制御技術を身につけます。

 コンピュータが内蔵されたシーケンサを使用し、目的に沿った制御回路を作成できるように訓練します。

シーケンス制御作業

4月

6月

 ○ NC加工実習

 

 1年次に身につけた技術よりもさらに高度なNC加工技術を学びます。

 複雑な加工工程を理解し、高精度の製品ができるように訓練します。

ワイヤー放電作業
7月

 ○ 旋盤加工実習

 

 1年次に行った旋盤加工技術を成熟させる訓練を行います。

 高精度の加工が素早くできるように無駄のない動作で加工します。

 

 訓練の成果を発揮する技能検定試験は7月下旬に実施しました。

旋盤作業

8月

9月

 ○ 三次元CAD製図実習

 

 1年次に行った二次元CAD製図の知識を基に、立体的な図面作製の方法を学びます。

 三次元の図面をかくことで、パソコン画面上で部品の組立・分解ができるようになり、不具合などを早期に発見できるようになります。

三次元CAD製図作業

8月

10月

 ○ 溶接実習

 

 溶接の基本技術を学びます。

 アーク溶接・半自動溶接を中心に、しっかりと材料を溶け込ませて接合できるように訓練します。

溶接作業
9月

 ○ インターンシップ

 

 9月の第1週にインターンシップを行います。

 学院での訓練と違い、企業で実際に仕事をすることで職場の雰囲気を感じ取り、一回り大きくなって帰ってきます。

インターンシップ

11月

3月

 ○ 設計製作実習

 

 今までに習得してきた知識・技術・技能を基に修了製作課題に取り組みます。

 図面製作・製品加工・組立調整などを総合的に行うことで『ものづくり』の流れを身に付けます。

 製品を完成させるまでの試行錯誤は今後の技能者としての大事な経験値となります。

ターニングセンタ作業の様子

 

ターニングセンタ作業の様子

2月


14日

15日

 ○ 技能照査

 

 2年間の訓練の総試験として技能照査に挑みます。

 学科・実技の試験を2日間に渡り行い、合格者には「技能士補」の称号が与えられます。

 日頃の訓練成果を発揮し、今年度は全員合格することができました。

技能照査 学科の様子

 

技能照査 実技の様子


科のページへ戻る

北海道立函館高等技術専門学院

Hokkaido Prefectural Hakodate Technical Training School

〒041-0801   北海道函館市桔梗町435番地