スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2011年6月14日(火)


沿革


沿  革


 
 
昭和 20.12.20
「旭川建築工養成所」(定員20名、期間3ヵ月)開所
21. 4. 1
「北海道庁立旭川建築工補導所」と改称(定員50名、期間6ヵ月)
21.10. 1
「木工科」新設(定員50名、期間6ヵ月)
22. 1.18
「北海道庁立旭川公共職業補導所」と改称
23. 4. 1
建築科、木工科定員各50名に改正
23.11. 3
旭川市上常盤町1丁目 旭川市役所工営課跡(旧庁舎)に移転
25. 4. 1
期間各科共1ヵ年となる「印刷製本科」新設(定員30名)
28. 4. 1

「印刷製本科」を「印刷科」と改称
建築科、木工科、印刷科定員各40名に改正
「自動車整備科」(定員30名)及び「洋裁科」(定員25名、期間6ヶ月簡易)新設

29. 4. 1
「自動車整備科」定員35名に改正
「洋服科」新設(定員35名)
31.10. 5
留萌市に分室を設置し、夜間「自動車整備科」を新設(定員30名、期間6ヵ月)3期間実施
32. 4. 1
自動車整備科、洋服科定員各40名に改正
33. 4.18
美唄市に分室を設置、「定時制自動車整備科」を新設(定員30名、期間6ヵ月)3期間実施
33. 7. 1
「北海道立旭川職業訓練所」と改称
34.11.16
富良野市に分室を設置し、「自動車整備科」を新設(定員30名、期間6ヵ月)
35. 4. 1
富良野分室に「電気科」を増設(定員40名)芦別市に分室を設置し「ブロック建築科」を新設(定員40名、期間6ヵ月)2期間実施
36. 4. 1
「定時制ブロック建築科」を新設(定員30名、期間6ヵ月)3期間実施
39. 4. 1
建築科、木工科、印刷科、自動車整備科定員各50名に改正
39.11.20
旭川市東町3丁目に庁舎を建設、移転
41. 4. 1
「印刷科」を「活版印刷科」、「オフセット印刷科」に分科(定員各30名)
41. 6. 1
庁舎所在地の町名変更(旭川市東光6条4丁目)
41.11.10
旭川市東光6条5丁目に寄宿舎(望峰寮)新築移転(20室、定員40名)
44. 4. 1
オフセット印刷科定員40名に改正
44.10.21
「北海道立旭川専修職業訓練校」と改称
45. 4. 1
「活版印刷科」を「製版印刷1科」に、「オフセット印刷科」を「製版印刷2科」に改称し、「自動車整備科」は「農業機械整備科」(定員40名)に科目変更、更に「左官科」を新設(定員40名)
45.12.25
技能センター新築
48. 4. 1
「製版印刷1科」と「製版印刷2科」を統合して「製版印刷科」と改称
50. 4. 1
建築科50名、木工科40名、農業機械整備科40名、製版印刷科40名、洋服科40名、左官科30名定員に改正
52. 4. 1
「北海道立旭川高等職業訓練校」と改称
「建築科」を専修課程と普通課程(定員50名)に改正
「洋服科」を普通課程「洋裁科」(定員30名)に改正
54. 4. 1
「建築科」を普通課程(定員30名)に改正
木工科、農業機械整備科定員各30名に改正
55.12.13
「電子機器科」実習棟新設(定員30名)
56. 4. 1
「電子機器科」普通課程を新設(定員30名)
57. 4. 1
「農業機械整備科」を普通課程に改正
58. 4. 1
「製版印刷科」を普通課程に改正
59. 3.31
「洋裁科」を廃科
60. 4. 1
「木工科」を普通課程に改正
63. 1. 1
「北海道立旭川高等技術専門学院」と改称
平成 元. 4. 1
「左官科」を専修課程(定員20名)に改正
4. 4. 1
電子機器科定員20名に改正
「農業機械整備科」を「自動車整備科」に科目変更
北海道職業訓練校条例の一部改正する条例に基づき、北海道立留萌高等技術専門学院が北海道立旭川高等技術専門学院留萌分校となる。
5. 4. 1
「左官科」を廃科
北海道職業訓練校条例の一部改正する条例に基づき、北海道立名寄高等技術専門学院が北海道立旭川高等技術専門学院名寄分校となる。
6. 3.31
北海道立旭川高等技術専門学院留萌分校廃校となる。
7. 3.24
旭川市西神楽4線5号3番地44に新庁舎の一部(管理棟・体育館)完成
7. 4. 1
北海道立高等技術専門学院条例の一部改正をする条例に基づき、北海道立富良野高等技術専門学院が北海道立旭川高等技術専門学院富良野分校となる。
8. 3.21
実習棟(A・B棟)が完成し、新庁舎へ移転
8. 3.31
北海道立旭川高等技術専門学院名寄・富良野分校が廃校となる。
8. 4. 1

北海道立旭川高等技術専門学院運営規則の改正により、全科目1年制から2年制に移行、併せて科目・定員の変更及び新設。
   (旧)             (新)
電子機器科  30名 → 電子工学科   40名(20名×2年)
自動車整備科 30名 → 自動車整備科  40名(20名×2年)
製版印刷科  30名 → 電子印刷科   40名(20名×2年)
建 築 科  30名 → 建築技術科   40名(20名×2年)
木 工 科  30名 → 造形デザイン科 40名(20名×2年)
(新 設 科 目)  → 色彩デザイン科 40名(20名×2年)
5 科 目 140名   6 科 目  240名

11.11. 1
庁舎所在地の町名変更(旭川市緑が丘東3条2丁目1番1号)
13. 4. 1
庁舎内に能力開発総合センターを併設。
16. 4. 1
寄宿舎(望峰寮)を廃止。
17. 4. 1
「電子印刷科」を「印刷デザイン科」に改称
19. 8. 1
北海道立稚内高等技術専門学院が北海道立旭川高等技術専門学院稚内分校となる。
22. 4. 1
能力開発総合センターを設置(訓練第二課より独立)

23. 4. 1

「電子工学科」(定員40名)「システム制御技術科」(定員40名)に変更
 

[表紙へ戻る]    [事業概要へ]