スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 環境生活部 > 環境局気候変動対策課 >  ウォームビズの取組


最終更新日:2019年10月25日(金)

北海道のウォームビズの取組
 

 -暖房に頼りすぎない冬の暮らしを実践- 

★北海道のウォームビズの取組★        

実施期間:11月1日~翌年4月30日
 
暖房が欠かせない冬の北海道。でも、暖房に頼りすぎていませんか?
 働きやすい、動きやすい、暖かい。そしてちょっとオシャレ。
 そんな服装で、オフィスでも家庭でも、
暖房時の室温を20℃を目安に してみませんか。

ウォームビズの取組

ウォームビズって何?
 地球温暖化対策の一つとして、暖房時の室温を20℃を目安とし、「寒い時は着る」
「過度に暖房機器に頼らない」といった「暖房に頼り過ぎず、働きやすく暖かく格好良いビジネス
スタイル」それが「ウォームビズ」です。

家庭ではどうなの?
 冬の北海道では暖房が欠かせないことから、家庭からの二酸化炭素の排出割合が全国よりも
高くなっています。家庭でも暖房温度を見直し、一枚重ね着をしたり、足もとを暖かくして
過ごしてみてはいかがでしょうか。まずは、暖房時の室温を20℃を目安にしてみませんか。

『北海道地球温暖化防止対策条例』でも定められています。
 平成21年3月31日に公布された『北海道地球温暖化防止対策条例』でも、冬期間の
暖房設定温度を20℃以下とするよう努めることと定められています。 

【北海道地球温暖化防止対策条例】抜粋

第12章 本道を取り巻く環境に適した地球温暖化防止の取組

(冬期における取組の推進)

第35条 事業者は冬期の事業活動において、道民は冬期の日常生活において、
温室効果ガスの排出の抑制を図るため、その活動する場所を暖房する場合は、
室内気温を摂氏20度以下とするよう努めるものとする。

2道は、前項に規定する取組を自ら率先して行うよう努めるとともに、
道民意識の醸成を図るため、普及啓発その他の必要な施策を講ずるものとする。

令和元年度道庁におけるウォームビズについて(PDF)

 「北海道あったまろうキャンペーン」の展開
 冬の地球温暖化対策の一環として、オフィスや店舗などの暖房時の室温を20℃を目安とし、
暖房に頼り過ぎずに心地良く過ごすことを呼びかける「北海道あったまろうキャンペーン」を
毎年実施しています。

 ■ 詳しくはこちらをご覧ください あったまろうキャンペーンのページ
 

ウォームビズえこ之助 
 うっかり侍 むだ蔵        環境忍者 えこ之助

E-mailはこちら
kansei.kikou■pref.hokkaido.lg.jp ■を@に置き換えて使用してください。