スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 環境生活部 > 環境局低炭素社会推進室 >  再生可能エネルギーなどを活用した「低炭素型地域づくり ハンドブック」について

北海道の分類: 環境・まちづくり > 環境保全・リサイクル > 環境政策

最終更新日:2017年4月18日(火)


再生可能エネルギーなどを活用した「低炭素型地域づくり ハンドブック」について


タイトル 

 

 北海道は、風力、太陽光、水力、温泉熱などの自然エネルギーや農林水産資源などのバイオマス資源があるなど地域資源が豊富にあります。
 
 
北海道では、こうした地域資源を活かしたエネルギーの地産地消を図るとともに、道内の各地域にて活躍する団体、事業者、町内会・自治会などの皆様が省エネルギーや再生可能エネルギーを積極的に導入されることで、「資源等の域内循環」((外部に流出してた資金が域内にとどまり、域内で景気が循環することること)や「産業の育成」、「コミュニティの創造」など、様々な側面から地域の活性化を図る「低炭素型地域づくり」を推進しております。

 この度、再生可能エネルギー等の導入を検討されるかた向けに「再生可能エネルギーなどを活用した低炭素型地域づくりハンドブック」を作成しましたのでご活用下さい。 

         再生可能エネルギーなどを活用した「低炭素型地域づくりハンドブック」 概要

  

 内容目 次

     ◆北海道のエネルギーを考える
    ◆再生可能エネルギーの種類と特徴
    ◆再生可能エネルギーなどを活用した低炭素型地域づくりの効果
     ◆地域別 低炭素型地域づくりのイメージ
       ・拠点市街地
       ・中小市街地
       ・農村地域
       ・山間地域
       ・沿岸地域
     ◆主体別 導入のイメージ
       ・自治会・町内会
       ・商店街
       ・農林漁業団体等
       ・事業者
       ・行政
     ◆再生可能エネルギー導入までの基本ステップ
     ◆再生可能エネルギーなどを活用した事例
       (再生可能エネルギー導入による地域づくりの事例)
        ・豊かな森林資源を活かした地域づくり<下川町>
       (再生可能エネルギー導入のプロセスと効果の事例)
            ・地域ぐるみによる太陽光発電設備の導入<浜中町農業協同組合(浜中町)>
          ・ヒートポンプを使用した高断熱省エネ型ビニールハウスによるエコ栽培<北海道新エネルギー事業組合(中標津町)
        ・地域の廃棄物を活用したバイオマス施設の導入<生活協同組合コープさっぽろ/エネコープ(七飯町)>
       (再生可能エネルギー導入推進に向けた仕組みづくりの事例)     
        ・住民出資による太陽光発電施設の導入と地域還元を重視した条例の制定<滋賀県湖南市> 

 

  北海道のエネルギー 北海道の地域特性 再生可能エネルギーの種類 

  「北海道のエネルギー活用の考え方」、「道内の地域資源(風力、太陽光、バイオマス等)」「「再生可能エネルギーの種類と特徴」

低炭素型地域づくりイメージ低炭素型地域づくり事例

   「地域別 低炭素型地域づくりのイメージ 」、「再生可能エネルギー導入事例」

  内容  再生可能エネルギーなどを活用した「低炭素型地域づくりハンドブック」のダウンロード

低炭素型地域づくり表紙
 
   
  資料をご希望の方は、下記までお問い合わせください。

      
内容    お問い合わせ

      環境生活部環境局低炭素社会推進室 計画推進グループ
      TEL :011-204-5190
                 FAX:011-232-1301
                e-mail:  kansei.ontai■pref.hokkaido.lg.jp ※■に@を入れてください。

  

 

 

 

 


   

トップページへ戻る