スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2019年3月07日(木)

アサヒビール(株)との連携協定

 北海道とアサヒビール(株)は、平成21年に「自然環境保全に関する協力連携協定」を締結し、知床世界自然遺産とラムサール条約湿地の保全活動等を推進しています!

 協定に基づき、平成27年度まで「うまい!を明日へ!プロジェクト」を、平成29年度からは「鶴の恩返しキャンペーン」を展開しています。

 事業の概要はこちらをご覧ください。

知床 釧路湿原


鶴の恩返しキャンペーン

 アサヒビール(株)がキャンペーン期間中に北海道エリアで販売した「ブラックニッカ」ブランドの売り上げの一部を(公財)知床財団及び(公財)北海道環境財団に寄付、両財団は道との連携のもと、知床世界自然遺産及びラムサール条約湿地の保全活動等に取り組みます。

 平成30年11月1日から平成31年1月31日までキャンペーンが展開されました。
詳しくはアサヒビール株式会社のキャンペーンホームページをご覧ください。
 http://www.asahibeer.co.jp/area/01/event/tsuru_2018/

tsurucam

寄付金報告及び次期取組発表会

 平成30年10月23日、ブラックニッカ「鶴の恩返し」キャンペーン寄付金報告及び次期取組発表会を道庁本庁舎1階道政広報コーナー交流広場で開催しました。
 アサヒビール株式会社より、479,010円の寄付金目録を(公財)知床財団及び(公財)北海道環境財団に贈呈いただきました(平成29年11月~平成30年1月のキャンペーン期間中販売分)。
 また、支援をいただいている活動について両財団から紹介いただきました。

              H30アサヒビール


「湿地と人・社会をつなぐ しめっちCEPAプログラム集」

 「しめっちCEPA」とは、湿地の魅力や価値を伝え、その保全と持続的な利用に参加してもらうための活動全般を指す用語です。
 「鶴の恩返しキャンペーン」の支援を受け、北海道ラムサールネットワークと(公財)北海道環境財団では、道内各地で行われているCEPAプログラムの一部をまとめた冊子「湿地と人・社会をつなぐ しめっちCEPAプログラム集」を発行しました。
 「しめっちCEPAプログラム集」は次のホームページからもご覧いただけます。
 https://wetlandhokkaido.wixsite.com/cepa
 

寄付金

 「鶴の恩返し」キャンペーンにより寄付金をいただいています。(連携協定に基づく分)

キャンペーン期間 寄付金額
平成29年11月~平成30年1月
479,010円
平成28年11月~平成29年1月
512,752円

寄付先 (公財)知床財団及び(公財)北海道環境財団



事業の概要

事業のスキーム

(公財)知床財団のホームページ
http://www.shiretoko.or.jp/


(公財)北海道環境財団のホームページ
http://www.heco-spc.or.jp


平成27年度までの「うまい!を明日へ!」プロジェクトについては、こちらのページをご覧ください。
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/skn/asahi-kyoutei-ramu.htm

このページに関するお問い合わせ
〒060-8588 北海道札幌市中央区北3条西6丁目
環境生活部気候変動対策課民間連携グループ
電話番号:011-204-5197(直通)