スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2016年6月02日(木)

「北海道地球温暖化防止対策条例」

平成20年に開催された北海道洞爺湖サミットを契機として、世界自然遺産・知床をはじめとする豊かな環境を有する本道は、地球温暖化防止に積極的に貢献する必要があるとの考えから、議員の提案により、平成21年3月31日に「北海道地球温暖化防止対策条例」が制定され、平成22年3月1日より完全施行になりました。(一部は平成21年3月31日から施行)

道では、道民のみなさま、事業者のみなさまとともに、温暖化対策に取組んでいきます。
みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

条例の主な内容

条例の目的
地球温暖化の防止について、道、事業者、道民の責務などを明らかにするとともに、地球温暖化対策の基本となる事項を定めることにより、地球温暖化対策の更なる推進を図ることをもって、現在及び将来の道民の健康で文化的な生活の確保と人類の福祉に寄与します。
対策の基本
社会や市場での評価を通じて、二酸化炭素やメタンなどの温室効果ガスの排出量の抑制に向けた自主的・計画的な取組みを推進します。
詳細はこちら

条例・規則・指針

北海道地球温暖化防止対策条例・規則・指針について全文を公表しています。
詳細ページにて御確認下さい。
詳細はこちら

道民のみなさまと取組む温暖化対策

道民がその日常生活において、温室効果ガスの排出抑制等の措置を講じるに当たって必要な事項を定める指針は、「北海道環境行動計画(どうみんグリーンアクション)」(平成21年3月策定)で定めています。
詳しくは、どうみんグリーンアクショに関する資料(PDF)をご覧下さい。
北海道地球温暖化対策指針 第3章(道民が講ずべき措置)
どうみんグリーンアクション

事業者のみなさまと取組む温暖化対策

事業活動に伴い多くの温室効果ガスを排出する事業者や、一定規模以上の建築物の新築・増築・改修など行おうとする建築主等を対象に、計画書や実績報告書を作成し提出していただきます。
事業活動に関する地球温暖化対策    ←事業者温室効果ガス削減等計画書はこちら
建築物に関する地球温暖化対策   ←建築物環境配慮計画書はこちら
再生可能エネルギーの利用に関する地球温暖化対策  ←再生可能エネルギー計画書はこちら
自動車使用に関する地球温暖化対策
機械器具に係る地球温暖化対策

◆ 計画書や実績報告書の作成について

条例に基づく公表

北海道地球温暖化防止対策条例第15条、第27条及び第31条に規定に基づき、知事に提出のあった各種計画書・実績報告書等について、公表します。
詳しくは、「検索システムにて閲覧することができますのでご覧下さい
詳細はこちら

条例Q&A

北海道地球温暖化防止対策条例に係るQ&Aをまとめています。
詳しくは、以下の資料(PDF)をご覧下さい。

条例パンフレット

環境生活部 環境局 低炭素社会推進室 
(温暖化対策グループ) 

電話 011-204-5189(直通)

 

トップページへ戻る