スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 環境生活部 > 環境局低炭素社会推進室 >  北海道クールアース・デイ


最終更新日:2017年5月25日(木)

北海道クールアース・デイ

  道では、北海道地球温暖化防止対策条例において、平成20年度に開催された北海道洞爺湖サミット初日である7月7日を「北海道クールアース・デイ」と定め、道民のみなさんに、温暖化対策の重要性を再認識してもらい、実践してもらえるよう、北海道クールアース・デイ(7月7日)及びこれに近接する期間に、さまざまな取組を集中的に実施しています。

平成28年度の取組

      ★北海道クールアース・デイである7月7日に、札幌市北3条広場(アカプラ)&赤れんが庁舎において
        「2016ほっかいどうクールアース・デイ」を開催しました。

         昼の部 : 北海道環境パネル展 ~ミライについてかんがえよう~

               【内容】水素社会実現に向けた道の取組の紹介
                     北海道の環境と保全活動の紹介
                     グリーンエネルギータウンを目指す「室蘭市」における水素の取組紹介
                    道内唯一の「移動式水素ステーション」の展示
                    燃料電池自動車(FCV)や家庭用燃料電池(エネファーム)の展示

                    詳しくはこちらをごらんください

         夜の部 : 赤れんがガイアナイト    

        ☆平成28年度のリンケージイベント(市町村・関係団体の取組)はこちらから

平成27年度の取組 

      ★道における、北海道クール・アースデイを中心とした期間における取組はこちらから
                       
      ☆リンケージイベント(市町村・関係団体の取組)はこちらから

      ★北海道クールアース・デイの趣旨に賛同し、クールビズを実施している市町村・企業団体はこちらから

 


       

低炭素室連絡先 

トップページへ戻る