スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 環境生活部 > スポーツ局スポーツ振興課 >  平成30年度の海水浴場の開設について

北海道の分類: 教育・文化  > 文化・芸術・スポーツ > スポーツ

最終更新日:2018年7月12日(木)

平成30年度の海水浴場の開設について

○ 海水浴は、身近な場所で気軽に楽しむことのできる夏のレジャーとして広く親しまれています。

○ 平成30年度は、道内では25市町村・41か所で海水浴場が開設されます。
  
○ 海水浴場の所在地・開設期間等は、こちらをご覧ください。
   → → → 平成30年度海水浴場開設一覧 (PDF・248KB)

 ☆安全で快適な海水浴のために

  海水浴のときには、次のことに十分注意しましょう。

  ※ 必ず、海水浴場を利用しましょう。海水浴場以外での遊泳は危険です。   

  • 標旗、うきなどによって区切られた遊泳区域内で泳ぎましょう。
  • 高波などで遊泳禁止になったときは海に入らないなど、監視員の指示に従いましょう。
  • 泳ぐ前には、必ず準備体操を行い身体を海水に慣らしましょう。
  • 小さな子どもには、保護者が必ず同伴しましょう。
  • 身体の具合が悪いときは、海に入らないようにしましょう。また、お酒を飲んだ後の遊泳はやめましょう。
  • 離岸流(海岸に打ち寄せられた海水が沖に戻る強い流れ)に流されたら、あわてずに海岸と平行に泳ぎ、離岸流から離れましょう。
  • 日が暮れてからは、泳がないようにしましょう。 
  • 他人の迷惑となる行為はしないようにしましょう。
  • 遊泳区域内に、ヨット、サーフボード、モーターボートその他接触した場合に人の身体に危害が及ぶ恐れがあるものを乗り入れないようにしましょう。
  • 魚介類を採取しないようにしましょう。
  • ゴミは必ず持ち帰りましょう。
  • 飲酒運転は重大な犯罪です。飲酒が予想される場合は、帰りの交通手段を確認してから出かけましょう。また、周りの皆さんも運転手が飲酒することのないよう注意しましょう。

 ☆平成30年度 海水浴場水質測定調査結果  (循環型社会推進課のページにジャンプします。)
   

 マリーンレジャーの部屋 
         (第一管区海上保安本部のホームページにジャンプします。)

  ☆プレジャーボート等の運行に伴う事故防止  (危機対策課のページにジャンプします。)
        「プレジャーボート等条例をご存じですか?」

 

     海や浜はみんなの貴重な生活や生産の場です。
 いつまでも気持ちよく利用できるよう、事故の防止や環境への配慮を心掛けましょう。

 【お問い合わせ先】
  環境生活部スポーツ局スポーツ振興課スポーツグループ
   電話 011-204-5209
   FAX 011-232-1098