スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2014年7月17日(木)


知床の自然(1)


世界自然遺産 知床

知 床 の 自 然  (1)

~ "Sir-etoko"(地の・突出部)に生きる、いのち ~

 

 流氷の海に舞うオオワシ。幻の神鳥と呼ばれるシマフクロウ。知床半島では、渡り鳥を含め260種以上もの鳥類がみられます。

 エサが豊富な知床半島沿岸には、海鳥のほかにクジラやシャチも顔を見せ、トドやアザラシ、ヒグマなどの野生動物たちも集まります。

ヒグマ

 

 美しい知床連山に目を向ければ、知床山系の固有種であるシレトコスミレをはじめ、200種以上の可憐な高山植物が咲いています。

 「知床」はアイヌ語で「Sir-etoko(地の・突出部)」。人間を寄せつけない切り立った断崖絶壁を持つ半島部がオホーツク海に突き出し、世界的にも貴重な原始の自然をそのまま残しています。

 そして今、その宝ものを次の世代に残すことが私たちの大きな使命です。

※アイヌ語の参考文献:
 「北海道の地名」 山田秀三 著 北海道新聞社刊

目次へ戻る       次 へ