スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2013年11月28日(木)


eco旅ナビ 打瀬舟


eco旅ナビ 網走・釧路・根室をめぐる、エコツアーガイド
eco旅ナビ トップ エコツアーとは エコツアー13モデルルート エコツアー資源 マイプラン エコ図鑑 エコのすけワールド

■エコツアー資源
分野で探す地域で探す季節で探す50音順で探すAlphabetical Order (アルファベット順)

打瀬舟
歴史・文化資源春秋
Utasebune (fishing sailboat for shrimp)

写真  

野付半島の内湾・野付湾には、天然のアマモ(海草)が生息し、北海シマエビの貴重な棲み処となっています。北海シマエビ漁は現在資源を守るため、春と秋のみ行われており、春はオス、秋は卵の入ったメスのエビが捕れます。
「打瀬舟」は、伝統的な漁法『打瀬網漁業』に用いられる船のことで、明治時代から100年以上の歴史があります。三角帆に受ける風の力だけを利用して網を引き、水深5m以下の浅い野付湾で、船のスクリューでアマモを傷つけることなく漁を行なうことができます。野付半島と打瀬船は、2004年に北海道遺産に選定されました。

所在地:野付郡別海町尾岱沼港町
電話:0153-75-2111(別海町観光協会)
利用期間:春(6月中旬~7月末)・秋(10月中旬~11月中旬)
公共の交通機関:JR標茶駅から阿寒バス「標津行き」で約2時間、終点で「白鳥台行き」バスに乗り換え約20分、「尾岱沼」下車、徒歩約5分

別海町

野付漁業協同組合


北の道ナビ【距離と時間検索】 距離と時間の検索や、
交通情報の検索などができます。

おすすめポイント
 

●真っ赤なおいしさ
北海シマエビは、鮮度のよいとれたてをさっと塩ゆでにしていただきます。ゆでるとみごとに赤く、色鮮やかになります。

●6月に開催「えびまつり」
毎年6月の最終土曜、日曜に「えびまつり」が開催されます。北海シマエビをはじめ、野付半島の味覚がもりだくさん、イベントなども盛大に行われます。

●尾岱沼ふれあいキャンプ場(旧青少年旅行村)                        尾岱沼の北側(尾岱沼岬町)に尾岱沼ふれあいキャンプ場があります。営業期間は4月下旬頃から10月までで、利用料金が必要となりますが、整備が行き届いた美しい施設が自慢です。

 
 

マイプラン用画像
▲マイプラン用画像です。この部分をコピーして台紙に貼ってお使いください。

マイプランの台紙を開く

マイプラン作成の方法はこちら


地図


■エコツアー資源
分野で探す地域で探す季節で探す50音順で探すAlphabetical Order (アルファベット順)