スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 環境生活部 > 環境局生物多様性保全課 >  eco旅ナビ 奥行臼駅逓所


最終更新日:2013年11月28日(木)


eco旅ナビ 奥行臼駅逓所


eco旅ナビ 網走・釧路・根室をめぐる、エコツアーガイド
eco旅ナビ トップ エコツアーとは エコツアー13モデルルート エコツアー資源 マイプラン エコ図鑑 エコのすけワールド

■エコツアー資源
分野で探す地域で探す季節で探す50音順で探すAlphabetical Order (アルファベット順)

奥行臼駅逓所
Okuyukiusu (former inn and station for horse riding)
奥行臼駅逓所
歴史・文化資源春夏秋
奥行臼駅逓宿場
歴史・文化資源春夏秋

写真  

明治43(1910)年、奥行臼に初めて入植した山崎藤次郎氏が取扱人(運営者)となって開設した駅逓所です。旅人に宿や馬を提供するほか、郵便業務なども行ない、昭和5(1930)年に廃止になるまで、北の別海や東の別当賀へ向かう人たちに利用され、交通拠点としてにぎわいを見せていました。駅逓廃止後は「山崎旅館」として経営を続けていましたが、その後建物を町へ寄贈、昭和57(1982)年に北海道指定文化財となっています。
鉄道などが未発達な時代、北海道独自の制度として発達した駅逓制度。根室管内には44カ所、そのうち別海町には9カ所の駅逓がありましたが、現存しているのは奥行臼だけです。

所在地:野付郡別海町奥行15-12
電話:0153-75-2111(別海町教育委員会)
利用期間:5月1日~10月31日(10:00~16:30)
休館日:第1・3月曜
公共の交通機関:JR厚床駅から根室交通バス「中標津行き」で、「奥行」下車、徒歩約10分

別海町

根釧開拓の歴史に触れる旅


北の道ナビ【距離と時間検索】 距離と時間の検索や、
交通情報の検索などができます。

おすすめポイント
 

●明治、大正時代をしのぶ
周辺には「旧村営軌道風連線」「奥行駅」も保存されています。合わせて見学すると、より当時の様子が感じられます。建物は、木造2階建てで当時の駅逓建築の典型といえます。現在内部は一般に公開され、400点以上の資料が展示され見ごたえがあります。

●春は桜の名所
敷地内に植えられた桜がいっせいに開花する春は、実に見事です。

 
 

マイプラン用画像
▲マイプラン用画像です。この部分をコピーして台紙に貼ってお使いください。

マイプランの台紙を開く

マイプラン作成の方法はこちら


地図


■エコツアー資源
分野で探す地域で探す季節で探す50音順で探すAlphabetical Order (アルファベット順)