スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 環境生活部 > 環境局生物多様性保全課 >  eco旅ナビ 野付半島(トドワラ・ナラワラ)


最終更新日:2013年11月28日(木)


eco旅ナビ 野付半島(トドワラ・ナラワラ)


eco旅ナビ 網走・釧路・根室をめぐる、エコツアーガイド
eco旅ナビ トップ エコツアーとは エコツアー13モデルルート エコツアー資源 マイプラン エコ図鑑 エコのすけワールド

■エコツアー資源
分野で探す地域で探す季節で探す50音順で探すAlphabetical Order (アルファベット順)

野付半島(トドワラ・ナラワラ)
自然観察ポイント春夏秋冬
Notsuke Peninsula(Todowara・Narawara)

写真  

オホーツク海に突出する野付半島は、潮流によって選ばれた砂礫(されき)が長い年月にわたって堆積した、延長約26kmと日本最大の砂嘴(さし)です。半島のなかほどから先端にかけて、トドマツの森が海水に侵食され白く立ち枯れた「トドワラ」、ミズナラの森が立ち枯れた「ナラワラ」が広がり独特の景観を作っています。
トドワラはいまも年々侵食が進んでおり、風化のために倒木も多く、いずれは姿を消してしまうかもしれません。朽ちていく木々からは、自然の厳しさとはかなさが感じられます。

所在地:野付郡別海町野付
電話:0153-82-1270(野付半島ネーチャーセンター)
利用期間:通年
公共の交通機関:JR「標茶」駅から、阿寒バス「標津バスターミナル行き」で終点下車、車で30分

野付半島ネーチャーセンター公式サイト

根釧開拓の歴史に触れる旅
根室海峡エコツアー


北の道ナビ【距離と時間検索】 距離と時間の検索や、
交通情報の検索などができます。

おすすめポイント
 

●観光船でも行けます
野付湾をはさんだ対岸の別海町尾岱沼から、観光船で半島に渡ることもできます。

●春はタンチョウの親子も
2005年、ラムサール条約に認定された野付半島。水鳥が多く生息し、春から秋にかけて、タンチョウのつがいや、タンチョウの親子を見ることもあります。タンチョウの雛は5月の中旬頃孵化する場合が多いようですが、孵化後3日くらいすると親鳥と一緒に巣を離れます。約100日で飛べるようになり、飛べるようになった後も翌春まで親子が仲良く暮らします。

 
 

マイプラン用画像
▲マイプラン用画像です。この部分をコピーして台紙に貼ってお使いください。

マイプランの台紙を開く

マイプラン作成の方法はこちら


地図


■エコツアー資源
分野で探す地域で探す季節で探す50音順で探すAlphabetical Order (アルファベット順)