スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 環境生活部 > 環境局生物多様性保全課 >  eco旅ナビ 標津サーモンパーク(科学館・サーモンハウス)


最終更新日:2013年11月28日(木)


eco旅ナビ 標津サーモンパーク(科学館・サーモンハウス)


eco旅ナビ 網走・釧路・根室をめぐる、エコツアーガイド
eco旅ナビ トップ エコツアーとは エコツアー13モデルルート エコツアー資源 マイプラン エコ図鑑 エコのすけワールド

■エコツアー資源
分野で探す地域で探す季節で探す50音順で探すAlphabetical Order (アルファベット順)

標津サーモンパーク(科学館・サーモンハウス)
エコ体験施設春夏秋冬
Shibetsu Salmon Park

写真  

標津サーモン科学館は、標津サーモンパークの中核施設として1991年にオープンしたサケのテーマパーク。世界のサケの仲間18種、30種類以上を飼育し、サケ科魚類の展示数は国内でもっとも多い水族館です。標津川から直接水を引き込む魚道では、回帰したシロザケのそ上や産卵行動など、貴重なシーンが観察できます。
サーモン亭は科学館のとなりにあるレストランで、鮭の山漬け、ルイベ、いくら丼、三平汁などの鮭料理がそろう「標津鮭づくし」や、「標津ちゃんちゃん焼定食」が人気です。

所在地:標津郡標津町北1条西6丁目1-1-1
電話:0153-82-1141
利用期間:2~11月(「科学館」9:30~17:00、「サーモンハウス・サーモン亭」10:00~15:00)
休館日:2・3・4・11月は水曜休館(水曜が祝日の際は翌日休館)*5~10月は無休
公共の交通機関:JR標茶駅から阿寒バス「標津行き」で約2時間、終点下車、徒歩約15分

標津サーモンパーク公式サイト

根釧開拓の歴史に触れる旅
みなみ知床秋味ツアー


北の道ナビ【距離と時間検索】 距離と時間の検索や、
交通情報の検索などができます。

おすすめポイント
 

●サケを間近に観察できる「魚道水槽」
サーモン科学館のメイン水槽の一つで、2~6月はシロザケの稚魚、9~10月は標津川に回帰したシロザケ、カラフトマス、サクラマスのそ上の様子が見られます。11月には、シロザケの産卵行動が観察できます。

●幻の魚・イトウにエサをやってみよう
釣り人の憧れで、幻の魚といわれるイトウが展示されており、水槽前の自動販売機(ガチャポン)でエサを購入し与えることができ、迫力満点です。面白さのあまり、ツアーバスに乗り遅れた人もいたそうです。
昭和末期を代表する作家である開高健氏を虜にしたイトウを目前で観察できる貴重な施設です。その貪欲ともいえる食性を実感してください。

●我が国最大の竪穴住居跡群を世界遺産に
標津町標津遺跡群は、北見市常呂遺跡と合わせると5,000軒以上もの竪穴住居跡が地表面から確認できます。北海道・北見市・標津町では世界遺産登録に向け、取り組みを行っています。

北海道教育委員会(北海東部の窪みで残る大規模竪穴住居跡群)

 
 

マイプラン用画像
▲マイプラン用画像です。この部分をコピーして台紙に貼ってお使いください。

マイプランの台紙を開く

マイプラン作成の方法はこちら


地図


■エコツアー資源
分野で探す地域で探す季節で探す50音順で探すAlphabetical Order (アルファベット順)