スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2013年11月26日(火)


eco旅ナビ 開陽台


eco旅ナビ 網走・釧路・根室をめぐる、エコツアーガイド
eco旅ナビ トップ エコツアーとは エコツアー13モデルルート エコツアー資源 マイプラン エコ図鑑 エコのすけワールド

■エコツアー資源
分野で探す地域で探す季節で探す50音順で探すAlphabetical Order (アルファベット順)

開陽台
展望ポイント春夏秋冬
Kaiyodai

写真  

中標津市街から約15kmに位置する開陽台は、標高271mの小高い丘です。周囲に視界をさえぎるものがないため、展望台から眼下を見おろすと、森林や波うつ丘陵、牧草地、格子状防風林などがどこまでも広がり、地平線が丸く見えます。視界330度の大パノラマは、ほかではなかなか体験できない眺望。西側に広がる開陽台牧場は、東京ドーム約100個分の広さがある草地で、約1,000頭の乳用牛を放牧しています。また、夜になると満天の星が広がり、天体観測にも多くの人が訪れます。

所在地:標津郡中標津町俣落2256-16
電話:0153-73-3111(中標津町役場)
利用期間:4月下旬~10月末(展望台売店、展望回廊は9:00~17:30、10月のみ16:30まで)
 *屋上パフォーマンスサークルは通年
公共の交通機関:中標津町交通センターからバスで「24線北19号」下車、徒歩約30分

中標津町

根釧開拓の歴史に触れる旅
根室海峡エコツアー


北の道ナビ【距離と時間検索】 距離と時間の検索や、
交通情報の検索などができます。

おすすめポイント

 

 

●スペースシャトルから見える格子状防風林
2000年2月。日本人で初めてスペースシャトルに搭乗した北海道出身の毛利衛(もうり・まもる)さんは、北海道東部の上空で、根釧台地に刻まれたいくつもの格子模様をビデオカメラにとらえました。2001年、根釧台地の「格子状防風林」は北海道遺産に認定されています。

●北海道バイクツーリングでは欠かせない
北海道在住の作家佐々木譲氏の著作「振り返れば地平線」に登場して以来、北海道をバイクツーリングするライダー達の間では「聖地」として有名になりました。作品は絶版となっていますが、「開陽台で満月を見よう」というフレーズに憧れた人も多かったようです。 

●「開陽台牧場ふれあい広場」で牛を間近に
牧場の一画に自然環境をそのまま生かした広場を中心に、長さ2,600mの遊歩道があり、放牧されている牛を近くで見ることができます。また、周辺の植物や野鳥・昆虫などの観察も楽しめます。

開園期間は6月上旬から10月下旬の9:00~16:30(これ以外の時間は、入り口の門を閉めますのでご注意ください)

 
 

マイプラン用画像
▲マイプラン用画像です。この部分をコピーして台紙に貼ってお使いください。

マイプランの台紙を開く

マイプラン作成の方法はこちら


地図


■エコツアー資源
分野で探す地域で探す季節で探す50音順で探すAlphabetical Order (アルファベット順)