スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 環境生活部 > 環境局生物多様性保全課 >  eco旅ナビ コッタロ湿原


最終更新日:2013年11月28日(木)


eco旅ナビ コッタロ湿原


eco旅ナビ 網走・釧路・根室をめぐる、エコツアーガイド
eco旅ナビ トップ エコツアーとは エコツアー13モデルルート エコツアー資源 マイプラン エコ図鑑 エコのすけワールド

■エコツアー資源
分野で探す地域で探す季節で探す50音順で探すAlphabetical Order (アルファベット順)

コッタロ湿原
自然観察ポイント春夏秋冬
Kottaro Wetland

写真  

釧路湿原の奥に位置するのがコッタロ湿原です。釧路湿原の原始の姿をとどめているともいわれ、ヨシなどが生い茂る低層湿原*や、湿原ができたばかりのころに見られる沼地が広がります。ここはタンチョウの子育ての場ともなっており、運がよければ親子の姿を見られるかもしれません。

*低層湿原…周囲より標高が低く水が流れ込んでいる、湿原初期の状態

所在地:川上郡標茶町塘路原野
電話:015-485-2111(標茶町 企画財政課)
利用期間:通年
公共の交通機関:JR塘路駅から車で約5分

標茶町観光協会


北の道ナビ【距離と時間検索】 距離と時間の検索や、
交通情報の検索などができます。

おすすめポイント
 

●野鳥や珍しいトンボの生息地
湿原にある小さな沼では、アオサギなどの野鳥観察ができます。また、エゾカオジロトンボ、イイジマルリボシヤンマなど、氷河期の遺存種といわれる希少なトンボを見ることもできます。

 
 

マイプラン用画像
▲マイプラン用画像です。この部分をコピーして台紙に貼ってお使いください。

マイプランの台紙を開く

マイプラン作成の方法はこちら


地図


■エコツアー資源
分野で探す地域で探す季節で探す50音順で探すAlphabetical Order (アルファベット順)