スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 環境生活部 > 環境局生物多様性保全課 >  eco旅ナビ 霧多布湿原


最終更新日:2013年11月28日(木)


eco旅ナビ 霧多布湿原


eco旅ナビ 網走・釧路・根室をめぐる、エコツアーガイド
eco旅ナビ トップ エコツアーとは エコツアー13モデルルート エコツアー資源 マイプラン エコ図鑑 エコのすけワールド

■エコツアー資源
分野で探す地域で探す季節で探す50音順で探すAlphabetical Order (アルファベット順)

霧多布湿原
自然観察ポイント春夏秋冬
Kiritappu Wetland

写真  

浜中町の太平洋に面して広がる湿原です。面積は約3,168ヘクタールあり、東西約3~4km、南北約9kmの弓形の低湿地帯で、国内3番目の広さ。春から秋にかけ花々が色とりどりに咲きほこり、「花の湿原」とも呼ばれています。タンチョウなど動物たちの貴重な生活の場でもあり、1993年、ラムサール登録湿地に認定されました。湿原には保全活動の拠点「霧多布湿原センター」が設置されています。2001年には「北海道遺産」に登録されました。

所在地:厚岸郡浜中町
電話:0153-62-2111(浜中町役場)
利用期間:通年
公共の交通機関:(霧多布湿原センターまで)
・JR釧路駅から釧路バス「霧多布温泉行き」で「霧多布展望台」下車、車で約10分
・JR茶内駅から車で約10分

霧多布湿原センター

浜中町


北の道ナビ【距離と時間検索】 距離と時間の検索や、
交通情報の検索などができます。

おすすめポイント
 

●霧の中で咲く湿原の花々
夏(6~8月)は濃霧が発生することも多いのですが、花々がいちばん美しい季節でもあります。ワタスゲ、エゾカンゾウ、ヒオウギアヤメなどが鮮やかに花開きます。

●ナショナルトラスト運動での保全
2000年に設立された「NPO法人霧多布湿原トラスト」では、湿原民有地を買取ることで湿原の保全活動を行なっています。2007年、環境省主催の「エコツーリズム大賞」で取り組みが評価され、大賞を受賞しました。

 
 

マイプラン用画像
▲マイプラン用画像です。この部分をコピーして台紙に貼ってお使いください。

マイプランの台紙を開く

マイプラン作成の方法はこちら


地図


■エコツアー資源
分野で探す地域で探す季節で探す50音順で探すAlphabetical Order (アルファベット順)