スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 環境生活部 > 環境局生物多様性保全課 >  eco旅ナビ オムサロ遺跡公園


最終更新日:2013年11月28日(木)


eco旅ナビ オムサロ遺跡公園


eco旅ナビ 網走・釧路・根室をめぐる、エコツアーガイド
eco旅ナビ トップ エコツアーとは エコツアー13モデルルート エコツアー資源 マイプラン エコ図鑑 エコのすけワールド

■エコツアー資源
分野で探す地域で探す季節で探す50音順で探すAlphabetical Order (アルファベット順)

オムサロ遺跡公園
歴史・文化資源春夏秋
Omusaro Site Park

写真  

オムシャリ沼と渚滑(しょこつ)川に挟まれた丘陵地帯に残る遺跡です。縄文、続縄文、オホーツク、そして擦文(さつもん)時代までの約1万年間にわたる集落跡が、途切れることなく残っています。遺跡公園として整備され、約1000年前の擦文時代の住居と住居跡を復元展示。擦文の家は、カマドのある四角い形の穴が特長的です。出土した土器や道具は、公園入り口にある簡易展示室で見られるほか、紋別市立博物館に展示されています。

所在地:紋別市渚滑町川向153
電話:0158-24-3900(紋別観光協会)
利用期間:5~10月(10:00~16:00)*毎週月曜、雨天日は閉園
公共の交通機関:
・北紋バス紋別ターミナルから「雄武方面行き」で約20分、「川向4線」下車、徒歩約7分
・紋別市市街から車で約15分

遠紋地域エコツアー


北の道ナビ【距離と時間検索】 距離と時間の検索や、
交通情報の検索などができます。

おすすめポイント
 

●「オムサロ原生花園」も見逃せない
遺跡公園の国道238号線を挟んだ向いの海岸沿いに「オムサロ原生花園」が広がります。5月から8月にかけて、ハマナスの大群落が見られ、エゾスカシユリなど約50種類の花々が咲きほこります。冬は流氷の絶好の見学スポットです。

 
 

マイプラン用画像
▲マイプラン用画像です。この部分をコピーして台紙に貼ってお使いください。

マイプランの台紙を開く

マイプラン作成の方法はこちら


地図


■エコツアー資源
分野で探す地域で探す季節で探す50音順で探すAlphabetical Order (アルファベット順)