スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 環境生活部 > 環境局生物多様性保全課 >  eco旅ナビ 三国山・北海道大分水点


最終更新日:2013年11月28日(木)


eco旅ナビ 三国山・北海道大分水点


eco旅ナビ 網走・釧路・根室をめぐる、エコツアーガイド
eco旅ナビ トップ エコツアーとは エコツアー13モデルルート エコツアー資源 マイプラン エコ図鑑 エコのすけワールド

■エコツアー資源
分野で探す地域で探す季節で探す50音順で探すAlphabetical Order (アルファベット順)

三国山・北海道大分水点
自然観察ポイント春夏秋
Hokkaido watershed in Mt. Mikuni

写真  

日本海に注ぐ石狩川、太平洋に注ぐ十勝川、オホーツク海に注ぐ常呂川の3つの川の源流とされる場所です。地元有志によって調査され、「北海道大分水点」と名づけられました。北見市留辺蘂町、上川町、上士幌町の境界地点である三国山にあたり、2005年には頂上付近に標柱を設置しました。3つの川と3つのまちを結ぶこの地点は、自然豊かな三国山への登山ルートでもあり、分水点からは素晴らしいパノラマ風景が見渡せます。

所在地:北見市留辺蘂町
電話:0157-32-9900(北見観光協会)
利用期間:冬以外
公共の交通機関:JR留辺蘂駅から車で約1時間30分

北見市

北見市留辺蘂総合支所北見観光協会


北の道ナビ【距離と時間検索】 距離と時間の検索や、
交通情報の検索などができます。

おすすめポイント
 

●隠れた登山の名所・三国山
留辺蘂町市街から国道39号を上川町方面へ走り、大雪ダムを過ぎて左折、国道273号線を上士幌町方面へ走り、三国トンネルの手前から入山できます。手付かずの自然が残る沢登りのコースで、途中おいしい岩清水もあります。頂上まではゆっくり登って1時間半から2時間程度で、残雪が美しい大雪連峰などの大パノラマが望めます。なお、「北海道大分水点」と三国山のピークは20分程度の距離があります。

●「三国山」の由来
明治時代の北見国、石狩国、十勝国の境界にあったことから名付けられました。また、国道273号線の三国峠は、自動車で通行可能な峠としては北海道で一番標高が高い(1,139m)といわれています。

 
 

マイプラン用画像
▲マイプラン用画像です。この部分をコピーして台紙に貼ってお使いください。

マイプランの台紙を開く

マイプラン作成の方法はこちら


地図


■エコツアー資源
分野で探す地域で探す季節で探す50音順で探すAlphabetical Order (アルファベット順)