スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 環境生活部 > 環境局生物多様性保全課 >  eco旅ナビ 神の子池


最終更新日:2013年11月26日(火)


eco旅ナビ 神の子池


eco旅ナビ 網走・釧路・根室をめぐる、エコツアーガイド
eco旅ナビ トップ エコツアーとは エコツアー13モデルルート エコツアー資源 マイプラン エコ図鑑 エコのすけワールド

■エコツアー資源
分野で探す地域で探す季節で探す50音順で探すAlphabetical Order (アルファベット順)

神の子池
展望ポイント春夏秋冬
Kaminoko Pond

写真  

摩周湖からの地下水が湧き出してできたといわれている、青が印象的な池です。摩周湖をアイヌ語で「カムイトー」(神の湖)ということから「神の子池」と呼ばれています。周囲220m、水深5mと小さく、水温は年間を通して8度しかありません。青い水はどこまでも透明で、目を凝らすとオショロコマの泳いでいる姿が見えます。一大観光地の近くにありながら、これまであまり知られていなかった名所です。冬にはスノーシュー体験も行われています。

所在地:斜里郡清里町
電話:0152-25-4111(きよさと観光協会)
利用期間:通年
公共の交通機関:JR清里町駅から車で約35分

清里町

きよさと観光協会

屈斜路カルデラエコツアー


北の道ナビ【距離と時間検索】 距離と時間の検索や、
交通情報の検索などができます。

おすすめポイント
 

●いつまでも残しておきたい、神秘の青
摩周湖と同じ青い色が神秘的です。近年は、駐車場やトイレも整備。大切に守りたい環境です。道道1115号線から神の子池までは2kmの砂利道(林道)になりますが、オートバイの通行も多いので安全運転を心がけてください。

●1日12,000tの水が湧いています
1日に使用する水の量は、お風呂なども含め1人平均500リットルといわれています。もし、神の子池が上水道施設だったら、24,000人の使用量に匹敵する計算になります。500mlのペットボトルなら2,400万本となりますので、考えただけでも不思議な気がします。間近に見る「摩周湖ブルー」をお楽しみください。

 
 

マイプラン用画像
▲マイプラン用画像です。この部分をコピーして台紙に貼ってお使いください。

マイプランの台紙を開く

マイプラン作成の方法はこちら


地図


■エコツアー資源
分野で探す地域で探す季節で探す50音順で探すAlphabetical Order (アルファベット順)