スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2017年5月16日(火)

指定外来種の指定

★道では北海道生物の多様性の保全等に関する条例に基づき「指定外来種」を指定しました。

   1 指定日 平成27年12月18日(金)
   2 施行日 平成28年 6月19日(日)
   3   指定種 12種(動物10種、植物2種)    
    
      ◎指定外来種の指定一覧  ◎指定外来種のリーフレット  

     ◎指定外来種のポスター ※印刷設定に注意してください


★指定外来種とは?

  外来種(本来道内に生息・生育していない動植物)のうち、国外又は国内から道内に持ち込まれ、
   1 在来種の捕食、在来種との競合・駆逐
   2 植生破壊による生態系基盤の損壊
   3 在来種との交雑による遺伝的攪乱
   などにより、道内の生物多様性に著しい影響を及ぼし、又は及ぼすおそれがあるものです。
 

★指定外来種の取扱いは?

 ◆ 適切な飼養等
    指定外来種の個体(卵・幼生・種子などを含み、生きているものに限る)を道内で飼養等(飼養・栽培・保管
      ・運搬)をする場合、個体が野外に出ない容器又は施設(移動用施設を含む)に収容して適切な飼養等をし
       なければなりません。

 ◆ 放つこと等の禁止
    指定外来種の個体を野外に放つこと等は禁止されます。
   その行為の中止を命じられたり、報告を求められる ことなどがあり、違反者には、罰則もあります。

 ◆ 販売業者の説明義務
   指定外来種の販売業者は、指定外来種の個体の購入者に対し、販売商品が指定外来種である旨及び
   指定外来種の個体が野外に出ない容器又は施設(移動用施設を含む)に収容して適切な飼養等をしな
         ければならない旨を、直接口頭による説明、販売商品に説明文の添付、販売商品の近くの見やすい場所
   に明瞭で大きな文字の説明文を掲示するなどして、説明しなければなりません。

    ◎上記説明文の例(動物) ※WORD  ◎上記説明文の例(植物 ※WORD


★留意事項

   道では、外来種による道内の生物の多様性への影響を未然に防止するため、
   外来種を「入れない」、「捨てない」、「拡げない」ことを対策の基本としており、
   今回指定した指定外来種のうち、 特に未導入又は侵入初期の段階にある次の種については、
   道内への導入自粛を要請します。
    1  イノシシ(イノブタを含む)
    2  ニホントカゲ
    3  チョウセンスズガエル
    4  クロマルハナバチ
    5  オオマルハナバチ(亜種オオマルハナバチに限る)
   


<お問い合わせ>
北海道環境生活部環境局生物多様性保全課
〒060-8588 北海道札幌市中央区北3条西6丁目
TEL 011-204-5987  FAX 011-232-6790
E-mail  kansei.shizen1■pref.hokkaido.lg.jp
注意 ■に@を入れてご使用ください