スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 環境生活部 > 環境局生物多様性保全課 >  ヒグマによる人身事故防止(H28.10.7)

北海道の分類: 環境・まちづくり > 北海道の自然 > 野生生物の保護管理

最終更新日:2018年10月12日(金)

 ヒグマによる人身事故の防止について

平成30年10月11日、八雲町落部地区付近でヒグマによる人身事故が発生しました。

発生日時   平成30年10月11日(木)午後3時頃 
発生場所   八雲町落部地区付近
事故概要   キノコ採りに出かけ、ヒグマと遭遇し負傷 

 平成30年4月29日、中標津町俣落地区付近でヒグマによる人身事故が発生しました。

発見日時   平成30年4月29日(日)午前11時頃 
発生場所   中標津町俣落地区付近
事故概要   山菜採りに出かけ、ヒグマと遭遇し負傷 

 平成30年4月20日、函館市内の山林でヒグマによる人身事故が発生しました。

発見日時   平成30年4月20日(金)午後4時頃 
発生場所   函館市紅葉山町及び鉄山町付近
事故概要   山菜採りに出かけ、ヒグマと遭遇し負傷 

  現在、「秋のヒグマ注意特別期間(9/8~10/31)」であり、被害防止に向けた注意の呼びかけを行っているところですが、改めて、道民の皆さまが、ヒグマの事故に遭わないよう、十分に注意をお願いいたします。

【事故防止のために】

  • 野山ではヒグマに遭遇する恐れがあります!

    北海道は、ほぼ全域がヒグマの生息地です。山菜採りなど野山に入る機会が増える季節ですが、行き慣れた場所だからと油断をせず、野外での行動の際は、十分に注意しましょう。



  • ヒグマの出没情報に注意しましょう!

    市役所や町村役場などが提供するヒグマ出没情報を、常に確認しましょう。
    出没情報のある地域や、出没を知らせる看板がある場所への立ち入りは避けましょう。



【関係情報】

「平成30年 秋のヒグマ注意特別期間(H30.9.8~10.31)」については、こちら

ヒグマに注意!のページはこちら