スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2011年4月21日(木)


注意(ヒグマ)


ヒグマに注意

自然公園内及びその付近では、毎年ヒグマの出没情報が寄せられています。
不幸な事故を防ぎ、ヒグマの生息を脅かさないために、基本的なルールを守ってください。

  ヒグマ

森の中は、どこでも"ヒグマのすみか"であるということを忘れないようにしましょう。

自分からヒグマと出遭いやすいところへは近づかないようにしましょう。
春、山菜採りなどでフキの多い川沿いや、秋にキノコ採りなどでミズナラの多い森の中にいるということは、ヒグマの餌場にいるということです。
ヒグマの採餌場所では特にヒグマに出会いやすいので気をつけましょう。>ヒグマの主な食べ物はこちら
また、後ろから来る人のためにも、出没情報は地元の市町村や警察、森林管理署等へ通報してください。

ヒグマ
ヒグマ足跡
森の中に入ったら周囲の状況をよく観察する。

ガサガサと音が聞こえないか、"けもの"の臭いはしないか、笹が踏み倒されたりしていないかをよく観察しましょう。

また、ヒグマの足跡やフンを見つけたらすぐに引き返しましょう。

人間がいることをヒグマに知らせる。

山にはいるときは、出来るだけ単独では入らずに、複数の人数で入るようにしましょう。
林道や沢沿いなど、互いの存在のわかりにくいところでは特に、ヒグマに「人間がそばにいるよ」と知らせ、驚かせないために鈴などをつけて歩きましょう。さらに、見通しの効かないところでは大きな声を出す、笛を吹く、手を打つなどしましょう。
一般にヒグマは用心深い動物なので、鈴や笛など音の出るものを身につけて人間の存在を知らせるとヒグマの方が避けてくれます。
しかし、川沿いにいるときは川音で周囲の音が聞こえづらく、向かい風のときは前方にいるヒグマに私たちの臭いや音が伝わらないのでお互いに気づかないこともあります。特に注意が必要です。

また、見通しのきかない薄暗い時に山の中を歩くのは絶対にやめましょう。

ごみはすべて持ち帰りましょう。

ジュースの空き缶や、弁当の食べ残しなどのゴミは、必ず持ち帰りましょう。
このような食べ物はヒグマにとってごちそうで、味を覚えたヒグマは、同じようなものを求めて、山からゴミ捨て場や人家のすぐそばまで下りてくるようになります。
こうした危険なクマが人に危害を加え、その結果、クマも駆除されてしまいます。
こういった「悪い」ヒグマを作らないためにも、必ずゴミは持ち帰って下さい。
仔グマを見かけても絶対に近づかないようにしましょう。

ヒグマ出没情報を調べてから出かけましょう。
例えば親子グマが出没しているなら、神経質になっている母グマには近づかないようにしましょう。


  ヒグマ
注意ヒグマと私たちが出会う状況は様々な場合が考えられます。
こうすればよいという確実な方法はありませんが、慌てて逃げ出さず、とにかく落ち着くことが何よりも大切です。

ヒグマは逃げるものを追う習性があります。
万が一、遭遇した場合には、できるだけ距離を保ち目をそらさないなど、決して弱みをみせないようにしましょう。
大声や石投げなどイタズラに刺激を与えないようにしましょう。
ヒグマをよく観察して、自分の置かれた状況を判断して、冷静に行動することが求められます。

ヒグマと出会ったときどうするかということを、いろいろな状況を想定してあらかじめ考えておけば、いざという時に冷静な対応ができます。


  ヒグマ
ヒグマは走るのがとても速く、耳や鼻がよくきく動物です。
ヒグマは何が得意で、どんなところにいて、どんなものを食べているのか知っていれば、私たちは自分の行動に気をつけることができるはずです。

ヒグマのことについてもっと知ることは、私たちがヒグマと出会わないため、そして、出会ってしまったときにどう行動するかを考えるときにとても重要なことです。いろんな参考図書がありますので、是非勉強してみて下さい。

なお、更に詳しい内容を記したパンフレットを、各振興局・総合振興局保健環境部環境生活課、各市町村役場などに備え置いております。


  ヒグマ
◆絶対の対策はない。

熊撃退スプレーは実験においては相当効果が立証されたといいますが、とっさの際に確実に熊の鼻先に噴射させることができるでしょうか。
風向きによっては自分が浴びかねません。

いずれにしても絶対的な対策はありません。


  マナー
:ギョウジャニンニク、ザゼンソウ、アキタブキ、エゾシカの死体、冬を越したドングリ

:草の葉や茎、アリやハチの巣(幼虫、成虫)、ザリガニ

:ドングリ、オニグルミ、ヤマブドウ、コクワ、マタタビ、(高山帯ではハイマツの実やコケモモ)

【参考図書】

『ベア・アタックス』
(スティーブンヘレロ著、北海道大学図書刊行会発行)

『しれとこライブラリー3「知床の哺乳類』
(知床博物館編、北海道新聞社発行)

『ヒグマとの遭遇回避と遭遇時の対応マニュアル』
(山中正実・斜里町知床自然センター著、日本クマネットワーク発行)

『ヒグマの原野』
(青井俊樹著、フレーベル館発行)


ヒグマ

閉じる