天塩岳道立自然公園
あらまし 自然 登山コース アクセス 注意! お問い合わせ
 
天塩岳道立自然公園のあらまし

 天塩岳道立自然公園は、北海道北部に位置し、北見山地に属する連峰により構成された山岳景観を主体とした自然公園で、1978年(昭和53年)1月6日に道立自然公園に指定されました。本公園の山稜部では、高山植物群落が各所に展開し、山麓部ではクマゲラをはじめカラ類、キツツキ類などの鳥類が多く、また、キツネ、ヒグマなどの生息も多く、天塩岳の山頂ではナキウサギも確認されています。

天塩岳の自然

 天塩岳道立自然公園の主峰、天塩岳の周辺は、キバナシャクナゲやイワウメをはじめ、道内でも有数の高山植物の植生地として広く知られています。
 また、クマゲラやキツツキ、キタキツネ、エゾシカはもとより、山頂部ではナキウサギも見られるなど、貴重で豊かな動植物の宝庫となっています。


動物
花1 花2
花3 花4
施設案内
天塩岳ヒュッテ
 ポンテシオダムから9km奥にヒュッテがあります。収容人数は40名で、予約は不要。ヒュッテ前はキャンプ場となっており、炊事場やトイレがあり薪も用意してあります。
天塩岳避難小屋

 円山から天塩岳に向かって500mの位置に出来た避難小屋。収容人数は18名で、隣にはトイレがあります。

 

ヒュッテ・避難小屋の問い合わせ先:
    士別市朝日総合支所経済建設課 0165-28-2121


センターライン
注意!
●採取又は損傷を規制する動植物
●歩道や木道を歩きましょう
●ゴミは持ち帰りましょう
●野生動物にエサを与えないで
●野生動物にむやみに近づかないで
●生き物を捨てない・持ち込まない
●火気に注意しましょう
●野球やゴルフなどの球技はやめてください
●無駄なアイドリングをやめましょう
●日没前に森を出ましょう
●山のトイレ
●登山のルールとマナー
●高山植物を大切に
●ヒグマについて
●自然公園のしくみ
●スノーモビル・車等の乗入れ規制
アクセス
周辺マップ
お問い合わせ
上川総合振興局環境生活課 0166-46-5922
オホーツク総合振興局環境生活課

0152-41-0630

天塩岳の登山コース

新道コース

新道コース

 ヒュッテから1kmほど戻った地点が登山口。円山までの約4kmは登りが多く大半が樹林帯ですが、円山からの天塩岳、前天塩の眺めは壮観。登山道もここから平坦になり、最後の400mを一気に登りつめると頂上です。


新道コース(連絡道)

新道コース(連絡道)

 ヒュッテから旧道コースを約1.5km進んだところが新道コースとの連絡口。ここから右手にジグザグ坂を150m登ると尾根伝いの平坦な一本道となり、さらに進むと新道コースに合流。多少、距離は長くなりますが初心者向きの一番、楽なコースとなっています。


登山コース
 

前天塩コース

前天塩コース

 旧道コースの分岐から左岸の山腹伝いに進み、3.4km地点の最終の水場を経て、心臓破りのジグザグ坂へ。4kmを過ぎると樹林帯が終わり眺望が開けます。さらに防火線をまたぎガレ岩を登ると前天塩の頂上。そこから尾根伝いに1.7kmほどで天塩岳本峰に到達。


旧道(沢)コース

旧道(沢)コース

 ヒュッテから天塩川本流沿いに登るコース。2.3km地点の前天塩分岐からは沢沿いに、その先1.7kmほどで二股となり、左に進むとラクダ岩が見え、さらに登ると頂上へ。このコースは登山道が整備されておらず、7月下旬頃までは、雪渓があるので雪崩や落石に注意が必要。初心者には不向きですが、途中、大小の滝がいくつもあるなど魅力的です。

登山
アンダーバー
北海道ホームページ | 生物多様性保全課トップ | 自然公園メニュー | このページのTOPへ戻る
Copyright (C) HOKKAIDO Government all rights reserved.

周辺マップ