スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2011年12月22日(木)


自然公園のしくみ


しくみタイトル
  自然公園

自然公園とは、すぐれた自然の風景地の保護と利用を図るために、自然公園法に基づいて指定される次の3種類の公園のことです。
 
 

国立公園

日本の風景を代表する傑出した自然の風景地。環境大臣が指定し、国が管理します。道内では阿寒、大雪山などの6公園が指定されています。

国定公園

国立公園に準ずるすぐれた自然の風景地。都道府県の申出により環境大臣が指定し、管理は都道府県が行います。道内では網走、大沼、ニセコ積丹小樽海岸など5公園が指定されています。

道立自然公園

都道府県の自然を代表する、すぐれた自然の風景地。都道府県が指定し、自ら管理します。道立自然公園は厚岸、富良野芦別、野幌森林公園などの12公園があります。

 
その2

自然公園の地域は、特別保護地区、特別地域、普通地域などに区分されていて、自然の風景などの保護のために、建物などの工作物の新築、改築、増築、木竹の伐採などの開発行為については、それぞれの地域の区分ごとに許可や届出が必要になっています。
公園の地域の確認、規制の内容、許可申請の手続きなどについては、各振興局・総合振興局保健環境部環境生活課にお問い合わせください。

下線

閉じる