日高山脈襟裳国定公園
あらまし 自然 登山の基礎知識 注意! お問い合わせ
 
日高山脈襟裳国定公園のあらまし

 「日高山脈襟裳国定公園」は、北海道の背骨といわれる雄大な日高山脈の山並み、広尾町から襟裳岬にかけての海蝕崖の続く海岸線一帯、そして花の名山として知られるアポイ岳とその周辺の3つの地区で構成される自然公園です。総面積103,447haは、国定公園としては日本最大であり、その広大でバラエティに富んだ自然の姿は、私たちに様々な"顔"を見せてくれます。
 北海道の中央南部を南北約150kmにわたって走る日高山脈は、「幌尻岳」を最高峰とする海抜1,500~2,000m級の山々が連なり、氷河の痕跡「カール」、稜線の鋭く切れ込んだ「ナイフリッジ」などの地形がその特徴です。

 日高山脈の山々には、一般的な登山コースは整備されていません。山に近づくには道のない沢を遡行しなくてはならず、アプローチも相当長いことから、人が立ち入ることを拒む厳しい姿がそこにあります。
 襟裳岬は、岬の先端から1.5kmにも及ぶ岩礁が連続する姿と、非常に風が強いことで知られていますが、一方で、岩礁の上にゼニガタアザラシののんびりとした姿が観察でき、穏やかな表情を楽しむこともできます。
 アポイ岳は、標高わずか810mという低山でありながら、ヒダカソウをはじめ固有の高山植物が数多く見られることで知られています。日高山脈襟裳国定公園の中では登山道が整っており、身近に可憐な花々を見ることができるため、多くの登山者で賑わっています。

 沿革 
昭和25年8月15日 襟裳道立公園指定。
昭和33年4月 1日 北海道立自然公園条例の施行に伴い、襟裳道立自然公園に移行する。
昭和43年~44年 日高山脈学術調査が実施される。
昭和45年4月8日 日高山系国定公園指定促進期成会が発足する。
昭和51年~53年 日高山系自然生態系総合調査が実施される。
昭和56年10月1日 日高山脈襟裳国定公園指定。
平成13年10月1日 日高山脈襟裳国定公園指定20周年を迎え、記念行事が実施される。

日高山脈襟裳国定公園 総面積 103,447ha 
帯広市…6,358ha 清水町…3,418ha 芽室町…4,190ha
中札内村…12,728ha 大樹町…13,472ha 広尾町…9,098ha
日高町…11,633ha 浦河町…8,795ha 新冠町…6,707ha

新ひだか町
    …12,378ha

平取町…2,433ha 様似町…7,414ha
えりも町…4,823ha    

国定公園であるということは・・・

 日本の自然公園制度では、土地の所有者は国(国有林)や地方公共団体(道有林・市町村有林)のほか私有地の場合もあります。また、区域の中には森林のほか原野や農耕地、市街地になっているところも含まれています。そのため、国定公園の区域では、「特別保護地区」「第1種特別地域」「第2種特別地域」「第3種特別地域」「普通地域」の5種類に分け、保護の必要性に応じて区域を分け、様々な土地利用や産業活動との調整を図っています。
 日高山脈襟裳国定公園では、日高山脈脊稜部やアポイ岳の高山植物群落、幌満のゴヨウマツ自生地が「特別保護地区」に、また、人為の影響を受けていない低山帯上部から亜高山帯にかけての深い森林や襟裳岬周辺の風衝草原が「第1種特別地域」に指定され、その原生の自然を守るために特に強い規制が行われています。
 「普通地域」以外の国定公園区域内では、「工作物の新増改築」「広告物の設置」「高山植物の採取」などを行う場合に、北海道知事の許可を得なければなりません。また、スノーモービルで乗り入れることが禁止されている場所もあります。「普通地域」においては、許可を不要としますが、行為の内容によっては届出が必要な場合があります。


“北海道の背骨”日高山脈

日高山脈 スプーンで削り取ったようなくぼ地が山頂付近で見られることがあります。氷河が削ったカールという地形です。日高山脈ではカールが2段に分かれていて、氷河の前進期が少なくとも2回あったことがわかっています。これらがつくられたのは最終氷期(8万年前から1万年前)の話で、研究された山にちなんでそれぞれトッタベツ亜氷期(2万年前頃)、ポロシリ亜氷期(4万年前頃)と呼ばれています。


日高山脈はこうして生まれた

プレート図形 今の日高山脈の場所は、昔は海が広がっていました。
 地球は卵の殻のような「プレート」という薄い板で覆われています。このプレートが二つ、昔の海底で衝突を起こしました。東西両側から押されて海はだんだん浅くなり、最終的に片方のプレートが勢いあまってめくれあがりました。めくれた厚さは20kmにもなります。この部分が高く高く、日高山脈へと成長していきました。

 日高山脈は西側ほど深い部分を見せています。東麓では非変成の堆積岩類が見られますが、西に向かうにつれて温度が上がっていき、もっとも西側では800℃という高温に達したような石が見られるようになります。
 マグマ溜まりもそのまま残っています。私たちは居ながらにして地球の断面を見ているのです。

プレート図形2

日高山脈襟裳国定公園の自然
※日高山脈の花々

ヒダカソウ 日高山脈は、日本で最も原始的な自然です。その自然は、北海道に固有、また、日高山脈に固有の植物が多いことと、隔離分布する植物が多く見られることで特徴づけられます。
 日高山脈固有の植物は、ヒダカミネヤナギ、カムイビランジなど、北海道固有の植物では、ウスユキトウヒレン、ホソバイワベンケイなどがあります。
 また、隔離分布する植物では、チシマゲンゲ、ミヤマハンモドキのほか、超塩基性岩(カンラン岩)に特有な植物として、ナンブイヌナズナ、ユキバヒゴタイなどがあります。 さらに、アポイ岳はカンラン岩が露出していることなどの理由から、ヒダカソウ、エゾコウゾリナなどのアポイ岳固有の植物が多く見られます。

◆日高山脈固有の植物
カムイコザクラヒダカミネヤナギ・カムイビランジ・ヒダカトリカブト・ヒダカキンバイソウ・エゾトウウチソウ・ヒダカゲンゲ・ヒダカミヤマノエンドウ・カムイコザクラ・ホンバノコガネサイコ・エゾタカネツメクサ・ヒダカオトギリ等

◆北海道固有の植物
ウスユキトウヒレン・ホソバイワベンケイ・アポイタヌキラン・エゾキスミレ・ホソバトウキ・アポイアズマギク・エゾノタカネヤナギ・エゾヤマゼンコ等

◆隔離分布する植物
ケエゾキスミレヒメイワタデ・オオイワツメクサ・チシマゲンゲ・ミヤマハンモドキ・ケエゾキスミレ・エゾルリソウ・ミヤマシオガマ・ムシトリスミレ・ヒダカイワザクラ・ミヤマアケボノソウ・フタマタタンポポ・オノエスゲ・シロウマアサツキ・リシリビャクシン・ツクモグサ・ハクセンナズナ・キレハヤマブキショウマ・クモマユキノシタ・チョウノスケソウ・タカネスミレ等
・超塩基性岩植物
 隔離分布する植物の中には、超塩基性植物もあります。かんらん岩や蛇紋岩などの鉄・クロム・マグネシウムといった成分を多く含む岩石は、超塩基性岩と呼ばれます。これらの成分が多すぎると普通の植物は生育が難しくなり、特有の植生が見られるようになります。
(ナンブイヌナズナ・ユキバヒゴタイ・ホソバツメクサ・エゾタカネセンブリ・カトウハコベ・レブンサイコ・ナンブソモソモ・コケスギラン等)
エゾコウゾリナ
◆アポイ岳に固有の植物
ヒダカソウ(特定希少野生動植物)・エゾコウゾリナ・アポイアザミ・サマニユキワリ・アポイカンバ・アポイヤマブキショウマ・アポイツメクサ等

※日高山脈襟裳国定公園の動物たち

哺乳類:エゾリス・ナキウサギ・シマリス・エゾシカ・キタキツネ・ゼニガタアザラシ
鳥類:クマゲラ・アカゲラ・ホシガラス・オオワシ
昆虫・両生類:ヒメチャマダラセセリ・カラフトタカネキマダラセセリ・ニホンザリガニ
         アポイマイマイ
魚類:ヤマメ・ハナカジカ・オショロコマ・アメマス

●エキノコックス症

 キタキツネが媒介する「エキノコックス」という寄生虫があります。この卵を何かの拍子に人が飲み込んでしまうと、肝臓を中心に症状がでるエキノコックス症という病気を引き起こします。潜伏期間が非常に長く(数年~数十年)、現在のところ完全な治療薬などは見つかっていません。予防のために、沢水や小川などの生水は飲まないようにしましょう。また、キツネを餌づけしたり残飯を放置するなど、キツネを呼びよせることもやめましょう。

●ゼニガタアザラシ

 ゼニガタアザラシは、襟裳岬からカリフォルニアまで、北太平洋沿岸を取り巻くように分布しています。北海道では東部沿岸に約700頭が生息し、襟裳岬が最南端の繁殖地です。約400頭が暮らしており、岬先端から双眼鏡を使って周年観察することができます。5月上旬に1頭の赤ちゃんを産み、約4週間育てます。赤ちゃんは岩礁に適した黒い毛で産まれ、すぐ泳ぎます。

センターライン
注意!
採取又は損傷を規制する動植物
歩道や木道を歩きましょう
ゴミは持ち帰りましょう
野生動物にエサを与えないで
野生動物にむやみに近づかないで
生き物を捨てない・持ち込まない
火気に注意しましょう
野球やゴルフなどの球技はやめてください
無駄なアイドリングをやめましょう
日没前に森を出ましょう
山のトイレ
登山のルールとマナー
高山植物を大切に
ヒグマについて
自然公園のしくみ
スノーモビル・車等の乗り入れ規制
山小屋・避難小屋

佐幌岳避難小屋/新得町役場商工観光課

01566-4-0525

芽室岳登山口山小屋・剣山登山口山小屋
/清水町都市施設課

01566-2-2113

伏美岳避難小屋/芽室町観光協会

0156-62-2611

戸蔦別ヒュッテ/十勝西部森林管理署

01566-2-2127

日高山脈山岳センター/0155-69-4378

又は中札内村産業課/0155-67-2495(直)

札内川ヒュッテ/中札内村産業課

0155-67-2495(直)

幌尻山荘/平取町山岳会(平取町役場内)

01457-2-2221

ニイカップポロシリ山荘、糸納峰山荘
/新冠山岳会

0146-49-5473

ペテガリ山荘
 /静内山岳会
   (新ひだか町静内庁舎商工労働観光課内)

0146-43-2111

神威山荘、楽古山荘/浦河町役場内

0146-22-2311
森林管理署と主な管轄山域
十勝西部森林管理署東大雪支署
〒080-1408 上士幌町字上士幌東3線231
(01564-2-2141)
佐幌岳・オダッシュ山
日高北部森林管理署
〒079-2303 日高町栄町東2丁目258-3
(01457-6-3151)
ペンケヌーシ岳・チロロ岳・北戸蔦別岳
・幌尻岳(額平川・千呂露川)・沙流岳
十勝西部森林管理署
〒089-0138 清水町南2条2-13 (01566-2-2127)
ペケレベツ岳・芽室岳・剣山・久山岳・伏美岳
・ピパイロ岳・戸蔦別岳・北戸蔦別岳
・ 十勝幌尻岳 ・札内岳・エサオマントッタベツ岳
・カムイエクウチカウシ山・コイカクシュサツナイ岳
・1823峰
日高南部森林管理署
〒056-0004 新ひだか町静内緑町5-6-5
 (0146-42-1615)
イドンナップ岳・幌尻岳(新冠川)・ピセナイ山
・ペテガリ岳(西尾根)・神威岳・横山中岳

十勝西部森林管理署大樹森林事務所
〒089-2134 大樹町東本通34 (01558-6-2536)
ポンヤオロマップ岳・ペテガリ岳(東尾根)
・ヤオロマップ岳・神威岳 ・ソエマツ岳・ピリカヌプリ

十勝西部森林管理署広尾合同森林事務所
〒089-2624 広尾町並木通東2-2(01558-2-3141)
トヨニ岳・野塚岳・十勝岳
・楽古岳(札楽古川)・広尾岳

北海道日高森づくりセンター
〒057-0012 浦河町常磐町26-4(0146-22-2451)
楽古岳(メナシュンベツ川)・アポイ岳・ピンネシリ
キャンプ場

<帯広市>
岩内自然の村(0155-60-2063)
<新得町>
サホロ湖キャンプ場(01566-4-0525)
狩勝高原キャンプ場(01566-4-6318)
<清水町>
日勝キャンプ場(01566-2-3994)
<芽室町>
新嵐山オートキャンプ場(0155-65-2121)
<中札内村>
札内川園地キャンプ場(0155-69-4150)
<更別村>
さらべつカントリーパーク(0155-52-5656)
<大樹町>
カムイコタン農村公園キャンプ場(01558-7-5623)
<広尾町>
広尾キャンプ場(01558-2-6420)
<日高町>
沙流川オートキャンプ場(01457-6-2922)
日高ケンタッキーファーム(01456-2-2192)
<平取町>
岩ニセウ・エコランドオートキャンプ場
(01457-3-3188)
二風谷ファミリーランドオートキャンプ場
(01457-2-3280)
<新冠町>
判官館森林公園キャンプ場(0146-47-2193)
<新ひだか町>
温泉の森キャンプ場(0146-44-2464)
静内湖キャンプ場(0146-46-2822)
三石海浜公園オートキャンプ場(0146-34-2333)
<浦河町>
オロマップキャンプ場(0146-22-3953)
<様似町>
アポイ山麓ファミリーパークキャンプ場
(0146-36-2415)
親子岩ふれ愛ビーチキャンプ場(0146-36-5555)
<えりも町>

百人浜オートキャンプ場(01466-4-2168)

ビジターセンター、博物館など

<帯広市>
帯広百年記念館(0155-24-5352)
<新得町>
トムラ登山学校レイク・イン(01566-5-2141)
<清水町>
清水町郷土資料館(01566-2-3030)
<芽室町>
ふるさと歴史館ねんりん(0155-61-5454)
<中札内村>
日高山脈山岳センター(0155-69-4378)
札内川ダム管理所(0155-69-4666)
中札内美術村(0155-68-3003)
<幕別町>
忠類ナウマン象記念館(01558-8-2826)
<広尾町>
広尾町海洋博物館(01558-2-5572)
広尾町海洋水族科学館(01558-2-3707)
<日高町>
日高山脈館(01457-6-9033)
町立門別図書館郷土資料館(01456-2-3746)
<平取町>
沙流川歴史館(01457-2-4085)
町立二風谷アイヌ文化博物館(01457-2-2892)
萱野茂二風谷アイヌ資料館(01457-2-3215)
<新冠町>
新冠町郷土資料館(0146-47-2694)
<新ひだか町>
静内郷土館(0146-42-0394)
アイヌ民俗資料館(0146-43-3094)
<浦河町>
浦河町郷土博物館(0146-28-1342)
<様似町>
アポイ岳ジオパークビジターセンター(0146-36-3601)
<えりも町>
えりも町郷土資料館ほろいずみ水産の館(01466-2-2410)
襟裳岬風の館(01466-3-1133)

お問い合わせ

北海道日高振興局保健環境部環境生活課

〒057-8558 浦河町栄丘東通56
          (0146-22-9254)

北海道十勝総合振興局保健環境部環境生活課

〒080-8588 帯広市東3南3
                       (0155-26-9028)
※日高山脈の森林  
日勝峠の森林垂直分布 日高山脈の森林は山脈西側(日高側)と東側(十勝側)でかなり異なった様相をみせます。

 西側北部域ではエゾマツ、トドマツからなる針葉樹林が発達し、沙流川、ウェンザル川、パンケヌシ川流域に顕著です。南に下るとミズナラなどを交えた針広混交林となり、一部にはキタゴヨウ(ヒダカゴヨウ)も見られます。一方東側では圧倒的にダケカンバが優勢し、高山帯下部にまで及びます。ダケカンバの優勢は狩勝峠、日勝峠などをはじめ、随所に見られます。広葉樹林は山脈南部域の両側によく発達しています。また高山帯に分布するハイマツは、日高山脈では標高1,100mでも見られます。大雪山では標高1,800m以上に分布します。
 この違いは、風が強く尾根が岩石地であるなど樹木にとって日高が厳しい環境であることを反映しているためとみられます。なお、札内川、猿留川、日高幌別川などに分布するケショウヤナギもたいへん大切な存在です。


※かんらん岩 かんらん岩分布図
かんらん岩 マントルの上部はかんらん岩でできているとみられていますが、そのかんらん岩が日高山脈の西側に点々と分布しています。中でも大規模なのが様似町のアポイ岳、そして日高町の岩内岳です。

 私たちが地上でかんらん岩を見るためには、何とかしてマントルから上がってきてもらわなければなりません。日高山脈のかんらん岩は、深くて大きな断層が深部のかんらん岩を巻き込みながら移動・上昇してきました。あるいは岩内岳のように、かんらん岩から変身した蛇紋岩が、その軽くて流動しやすい性質のために潤滑剤となってかんらん岩を持ち上げることもあります。

登山の基礎知識
 日本国内においてもっとも難度の高い山域の一つでもある日高山脈では、ほかの山域とは違った知識や準備が求められます。 十分な準備をしてお出かけください。

 届 出 
<登山計画書>
 必ず警察へ提出を!道内どこの署でも可、Faxも利用できます(各警察署地域課へ)。

<入山届>
 森林管理署の入山許可が必要なところがあります。施錠ゲートもあるので一度連絡を。森林管理署は週末・祝日休業です。
 連絡先は右記の「森林管理署等と主な管轄山域」を参照して下さい。

 服 装 
 入山者が少なく、さまざまな事態に対応しうる服装が必要です。

・ 沢歩きでは沢シューズやわらじが楽、でも稜線では登山靴も必要
・ 夏もセーターなどの防寒着を持って
・ ハイマツ漕ぎのため丈夫なズボンを
・ ヒグマよけの鈴を忘れずに

アプローチ      
 大抵の登山口は山奥にあり、国道から長距離におよぶ林道を走ります。登山道も一部を除いて整備されておらず、沢筋をたどって川を渡り、尾根筋の踏み跡をたどってハイマツ漕ぎをするのが基本です。
 看板があることをあてにしてはいけません。自ら地図で確認しルートを探す力量が求められます。

1
2
 途中注意すべきこと 

<水場>
 稜線上に水場はありません。沢や沼なども、エキノコックス症などの危険性から利用場所は限られます。水筒は必携です。

<山小屋>

 ほとんどが無人で、食事の提供はありません。

アンダーバー
北海道ホームページ | 生物多様性保全課トップ | 自然公園メニュー | このページのTOPへ戻る
Copyright (C) HOKKAIDO Government all rights reserved.
周辺マップ