北海道 HOKKAIDO GOVERNMENT

アライグマ対策のページへようこそ。このページは、「基本方針」及び「行動計画」から構成されています。

アライグマの写真。目の周りの隈取り、眉間の縞が特徴。

  国外又は国内の他の地域から、野生生物の本来の移動能力を超えて、意図的・非意図的にかかわらず、人為によって導入された種である外来種が、地域固有の生物相や生態系に対する大きな脅威となる事例がクローズアップされています。
 北海道においても、外来種であるアライグマが野生化し、道央部を中心に繁殖し、急速に全道に分布を拡大しており、農業等被害の増大や生態系への影響が報告されるほか、アライグマ回虫等による人の健康被害も懸念されているところです。
 このようなことから、北海道では、平成15年3月に「北海道アライグマ対策基本方針」を策定、平成18年4月には、外来生物法に基づく防除実施計画を策定(平成23年2月変更)するとともに、平成21年2月には経済的、効果的・効率的な捕獲方法等の技術的事項を内容とする「北海道アライグマ防除技術指針」を策定し、防除活動に取り組んでいます。

 


 


 アライグマの現状について(PDF)


   「アライグマ対策基本方針」(平成21年2月改正)


  「北海道アライグマ・カニクイアライグマ
防除実施計画(PDF)」

(平成18年4月策定、平成23年4月更新)

    北海道アライグマ防除技術指針(PDF)

(平成21年2月策定)

アライグマによる被害を防止するために

   地域からアライグマを排除するための手引き

(環境省北海道地方環境事務所)

 一般競争入札のお知らせ

平成28年度アライグマ捕獲事業委託業務      

 

 

リンク 外来生物法のページ(環境省提供) 知ってるかな外来生物(環境省提供) 野生動物について考えてみよう(旭山動物園提供)

 重要アライグマは、「外来生物法」に基づき、「特定外来生物」に指定されました。これにより、原則として、アライグマの飼養、運搬、保管等が禁止されています。
 アライグマの駆除を行う場合には、原則として外来生物法に基づく防除の確認又は認定を受ける必要があります。(防除の確認又は認定を受けた場合には、鳥獣法の捕獲許可を受ける必要はありません。)
 詳細は、環境省北海道地方環境事務所野生生物課(011-299-1954)へお問い合わせください。


問合せ先:北海道環境生活部環境局生物多様性保全課生物多様性戦略グループ
電話番号:011-204-5987
FAX番号:011-232-6790            
Eメールアドレス:kansei.shizen1@pref.hokkaido.lg.jp

生物多様性保全課TOPへ

北海道のホームページへ 環境省のページへ 子供のページ(環境省提供)