スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 環境生活部 > 消費者安全課 >  審議会・苦情処理委員会


最終更新日:2019年1月25日(金)


審議会・苦情処理委員会


北海道消費生活審議会                                                                                                
 
 北海道では、「消費者行政の権利の確立」を基本に、国・道・市町村・関係団体等と連携を図りながら、消費生活行政の一層の推進を図るため、平成11年10月に「北海道消費生活条例」を制定しました。
 この条例に基づき、道民の消費生活の安定向上を図るための重要事項について広い分野からの意見を伺うため、「北海道消費生活審議会」を設置しています。
 

開催状況はこちらからご覧ください。  

◆委員名簿 (平成30年10月29日現在、役職名は委員就任時 五十音順: 敬称略) 

氏     名 役  職  名
岩 淵  重 広 北海学園大学法学部 専任講師 
鎌 田  浩 子 北海道教育大学釧路校 教授
萱 場  律 子 公募
工 藤  多希子 北海道女性団体連絡協議会 常任理事
里 村  喜 江 税理士  
鈴 木  賢 治 弁護士 
曽 野  裕 夫 北海道大学大学院法学研究科 教授
平    照 治 北海道生活協同組合連合会 専務理事
髙 田  安 春 公募
畠 山  京 子 (一社)北海道消費者協会 会長
水 野  博 喜 (株)ニッセンレンエスコート 取締役副社長
      (一社)北海道市場協会 理事副会長
横 島  義 人 北海道商工会連合会 総務部長
渡 邉  祐美子 北海道千歳北陽高等学校 校長



北海道消費者苦情処理委員会                                                                                            
 
 消費者の苦情を適切・迅速に処理するために、あっせん又は調停を行う知事の附属機関として、北海道消費生活条例に基づき設置されている委員会です。7人以内の委員によって構成されており、事件ごとに、委員長が指名する委員が事実関係を解明し、当事者の意見を聴きながらあっせんを行ったり、調停案を提示することで、消費者苦情の解決を図ります。
 
シロアリ駆除契約に係る苦情事案の処理経過及び結果の概要について平成30年12月)
 ⇛ 【啓発資料】 シロアリ駆除契約 ~苦情事案~
 


◆委員名簿 (平成31年1月18日現在 五十音順: 敬称略) 
氏     名 役  職  名
小 林  由 紀 弁護士
中 川  晶比兒 北海道大学大学院法学研究科 教授
西     博 和 弁護士
西 出  真理子 (公社)全国消費生活相談員協会
北海道支部副支部長 
星 原   直 子 弁護士
三 浦  修 市 北海道信用保証協会 常務理事
村 上  早 苗 (公社)日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会
北海道支部財政長


 
北海道立消費生活センター指定管理者候補者選定委員会                                                                                            
 
 北海道立消費生活センターの管理を行う指定管理者を公正な手続により指定するため、公の施設ごとに定める申請資格及び選定基準等の決定並びに指定管理者の候補者の選定について、必要な審議等を行うことを目的に設置しています。
  
 
◆開催状況   
   北海道立消費生活センターの指定管理者の候補者の選定について
  《 候補者決定基準選定委員会運営要領 ・ 採点結果 》
  

◆委員名簿 (平成29年10月17日現在 五十音順: 敬称略) 

氏     名 役  職  名
片 桐 由 喜 小樽商科大学商学部企業法学科 教授
川 上 真智子 (公社)日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会 北海道支部
曽 野 裕 夫 北海道大学大学院法学研究科 教授 
時 﨑 宗 男 石狩市環境市民部 広聴・市民生活課長
北 條 富 雄 北海道信用保証協会 専務理事