スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 環境生活部 > 消費者安全課 >  条例・規則・計画


最終更新日:2019年6月27日(木)


条例・規則・計画


北海道消費生活条例・規則及び基本計画等                                                                                                
 
 北海道消費生活条例・規則等
 消費者と事業者との間の情報の質及び量並びに交渉力等の格差にかんがみ、消費者の利益の擁護及び増進に関し、基本理念を定め、並びに道、事業者及び事業者団体の責務並びに消費者及び消費者団体の役割を明らかにするとともに、道の施策の基本となる事項を定めることにより、道民の消費生活に関する施策を総合的かつ計画的に推進し、もって道民の消費生活の安定及び向上を図ることを目的として「北海道消費生活条例」を制定しています。
● 北海道消費生活条例
● 北海道消費生活条例施行規則 
● 北海道消費生活条例第16条第1項の規定に基づく不当な取引方法(趣旨・語句説明・関係法令・適用事例)
  (逐条解説(関係法令修正版H31.4.1現在)PDF) 
●  美容料金の店頭表示基準
●  クリーニング料金の店頭表示基準
● 商品の単位価格等の表示に関する標準
● 北海道消費生活条例の改正(平成21年度)に係るパンフレットはこちら       
 
 北海道消費生活基本計画
 道では、北海道消費生活条例に基づき、道民の消費生活に関する施策を総合的かつ計画的に推進するため、北海道消費生活基本計画を策定しています。

 第2次北海道消費生活基本計画は、関係法令の制定・改正や多様化・複雑化する消費者被害など、消費者を取り巻く環境の変化を踏まえ、平成27年3月に策定しました。
 また、第3次北海道消費生活基本計画の策定に当たって、北海道消費生活基本条例の見直し状況や、国の次期消費者基本計画の内容等を反映することが適当であることから、平成31年3月に第2次北海道消費生活基本計画の終期を1年延長し、平成31年度までとしました。
 
 第2次北海道消費生活基本計画では、「消費者教育の推進に関する法律」の制定を踏まえ、誰もがどこに住んでいても、生涯を通じて様々な場で消費者教育を受けることができる機会を提供し、効果的に消費者教育を推進するとともに、深刻化している高齢者等の消費者被害の防止に努めることを重点的に取り組む施策として盛り込み、道内の消費者行政をより一層推進することとしています。
● 第2次北海道消費生活基本計画のページ 
 
  
 北海道消費生活条例施行状況報告
  北海道消費生活条例第7条に基づき、道が道民の消費生活に関して講じた政策の施行状況について報告しています。
● 平成30年度北海道消費生活条例施行状況報告書(PDF)
 
「北海道消費生活条例施行状況報告」の情報はオープンデータとして自由に二次利用することが可能です。(CC-BY
利用する場合には出所明示を行ってください。詳しくは北海道オープンデータ利用規約をご確認ください。また、北海道のオープンデータは、「北海道オープンデータポータル」にも登録していますのでご覧ください。

 消費生活相談報告書北海道立消費生活センターHPより)
 道では、北海道消費生活条例に基づき「北海道立消費生活センター」を設置し、消費者から寄せられる消費生活に関する苦情や問い合わせ等の解決のため助言、情報提供、あっせん等を行っています。
本報告書は、消費者の皆様から北海道立消費生活センターに寄せられた消費生活相談の内容をまとめたものです。

● 平成26年度(概要(PDF)・全文(PDF)) ● 平成25年度(概要(PDF)・全文(PDF))
● 平成24年度(概要(PDF)・全文(PDF)) ● 平成23年度(概要(PDF)・全文(PDF)) ● 平成22年度(PDF)