スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2014年11月13日(木)


人体への影響


 

  ~人体への影響~

 PM2.5はその粒子の大きさから、気管を通過しやすく、PM2.5肺疾患肺胞な
どといった気道の奥まで付着すると考えられています。このた
め、呼吸器系や循環器系に疾患を抱える人、小児、高齢者等は
PM2.5濃度が高くなると予想される場合は注意が必要です。

 なお、たばこによる健康への影響として、たばこの煙にも多
くの有害な微小粒子が含まれており、全席喫煙の飲食店や喫煙
室内のPM2.5濃度は数百μg/m3にも及ぶとされています。また、
PM2.5と花粉の複合影響については、現時点で明確な知見は得ら
れていませんが、過去の動物実験ではPM2.5の一部であるディー
ゼル排気粒子が鼻アレルギー及びアレルギー性結膜炎様病態を悪化させるとの報告もありますので、PM2.5濃度が高いときは注
意してください。【環境省Q&Aから引用】                 (出典:国立環境研究所)

 

 参考情報

北海道たばこ対策【北海道保健福祉部地域保健課】
北海道の花粉情報【花粉飛来状況‐北海道立衛生研究所】
PM2.5大気汚染と健康影響【政府インターネットテレビ注意喚起】
環境省花粉観測システム(愛称:はなこさん)【環境省】

 

PM2.5の速報値北海道の測定局一覧 / 注意喚起情報 / PM2.5とは?環境基準注意喚起の指針 /
北海道の取組みQ&A / 関連情報