スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 環境生活部 > 環境局環境政策課 >  環境教育絵本のページ


最終更新日:2016年5月24日(火)


環境教育絵本のページ


 ◆◇◆  環境教育絵本  ◆◇◆ 
 
 

  道では、日常生活に起因するさまざまな環境問題の解決に向け、環境保全意識を持ち主体的に行動する「人づくり」を進めるため、幼児期段階で楽しみながら環境意識を形成できるよう、環境について学べる「環境教育絵本」を制作しています。


 平成18年度は「循環型社会」、平成19年度は「自然環境」、平成20年度は「地球温暖化」をテーマに絵本を制作しました。

 平成20年度制作 「こおり の うみ」
  絵 阿部 夕希子(あべ ゆきこ)   文 若原 尚美(わかはら なおみ)

こおりのうみ表紙

春、旭川から、知床にひっこしてきた、ゆうた。家からはオホーツクの海が見え、近くを探検すると、ワシやシカなどの生きものを見ることができました。動物好きのゆうたは、知床が大好きになりました。

幼稚園に通うことになったゆうたは、そこで、じゅんという男の子と、えりかという女の子と仲よくなりました

やがて夏がすぎ、秋がすぎ、冬がやってきました。ある日のこと、幼稚園のやまもとせんせいが「そろそろ流氷がくるころだね。」と話しました。流氷のことを、えりかは「せかいのたからもの」じゅんは「しろくてつめたいこおりのおばけ」先生は「いきものたちのゆりかご」といいます。流氷を見たことがないゆうたには、全く想像することが出来ません。流氷を待ち続けるゆうた。流氷は本当にやってくるのでしょうか?

 

平成19年度制作 「みいちゃんの ほたる」    
 作 堀田 あけみ(ほった あけみ)   絵 夏目 尚吾(なつめ しょうご)

 テレビで見たおしりの光る不思議な虫(ほたる)にあいたくて、みいちゃんはたんぼへと出かけていきます。でも最初に行ったたんぼではほたるに会うことができず、みいちゃんは泣いてしまいました。
 次の日に出かけた山の中のたんぼは、昨日のたんぼとは少し様子が違います。ここで、おじいさんが、このたんぼにほたるがいる理由やどうしてほたるが光るのかをおしえてくれました。
 そしてだんだんくらくなって、たくさんのほたるがみいちゃんを迎えてくれます。

 

 

 

 平成18年度制作 「きっと また あえる」
  絵 阿部 夕希子(あべ ゆきこ)   文 若原 尚美(わかはら なおみ)

 小さい頃大好きだった《いるかの絵本》を、「もうあきちゃった」と言ってごみ箱に捨ててしまったななちゃん。
 その夜、ななちゃんの夢にいるかが現れて、絵本のふるさとの森につれて行ってくれます。
 森の木々がななちゃんに、絵本の紙が木からつくられていることや、紙は何度でも生まれ変わることができることを教えてくれました。
 ななちゃんは、絵本を捨てたことを思い出し、いるかにあやまります。
いるかは、「ものを大切にするって約束して。そうすれば、きっとまたあえるよ」と言いながら、夜の空にのぼっていきました。
 それからのななちゃんは、いるかとの約束を守りながら生活するようになり、やがて、小学生になったななちゃんが・・・。

 

■この読本は、道内の幼稚園、公立図書館、児童館等に配付しています。
■この読本の著作権は、北海道に帰属します。
■この読本を、販売目的又は営利目的で印刷・転載・複製することを禁じます。
■この読本を、許可なく販売することを禁じます。
■この絵本を、読み聞かせ会などで活用される場合は貸出を行いますので、担当課までご相談ください。

                                                

           このページに関するお問い合わせ

                北海道 環境生活部 環境局 環境政策課 環境企画グループ
           060-8588 北海道札幌市中央区北3条西6丁目
            TEL 011-231-4111(内線24-206)  011-204-5188(ダイヤルイン)
             FAX 011-232-1301
             E-mail  kansei.kankyou1■pref.hokkaido.lg.jp   
                ※■に@を入れてご使用ください。