スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 環境生活部 > 環境局環境政策課 >  エコイベントの取組内容(6)


最終更新日:2018年2月05日(月)


エコイベントの取組内容(6)


エコイベント指針

指針の概要取組内容  
(1)環境配慮に向けた事前準備
(2)開催場所
(3)広報・開催案内
(4)会場設営・開催準備
(5)交通・運搬手段の利用
(6)イベントの実施段階
(7)撤収・原状回復
(8)開催後のまとめ
活用方法調査結果ダウンロード 

  

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 お問い合せ

 北海道環境生活部環境局
 環境政策課環境企画G
〒060-8588
 北海道札幌市中央区北3条
 西6丁目(道庁本館12階) 
 電話:011-204-5188
 FAX:011-232-1301
 E-mail:
kansei.kankyou■pref.hokkaido.lg.jp
(■に@を入力してください)

 

 エコイベント実施に係る環境配慮項目 

  (6) イベントの実施段階

 会場では、冷暖房や照明、音響等機器の使用などによりエネルギーが消費され、多くの人々が集まる場合は、多量の廃棄物が発生するおそれがあります。
 そのため、会場の適切な温度管理や3Rの推進など、来場者にも環境配慮への協力を呼びかけましょう 

  冷暖房の温度設定は、原則として冷房28℃ 、暖房20℃とします。
 ・外気温度等を考慮した空調の間欠運転や外気の導入も適切な温度管理に
 有効です。

  過度な照明や音響は避け、機器スイッチをこまめにON-OFFする
 など省エネルギーに努めます。
【例】
 ・使用していない会場の照明や機器等の電源を切る。
 ・適切な照度を確保しつつ外光に応じて照明を消灯する。 など

  飲食物や物品を提供・販売する場合には、できるだけ使い捨て
 容器や包装材などの使用量を減らします。
【例】
 ・何度も繰り返し洗って使用できるリユース食器を使用する。
 ・商品をばら売りや量り売りすることにより、トレーやパックなどの包装材を
 削減する。
 ・商品の包装は、簡易包装に努める。
 ・マイバッグ持参の呼びかける。  など

  ごみの分別の徹底など、環境配慮の内容を来場者にわかりやすく
 示し、協力を求めます。
【例】
 ・ごみの分別、ごみの持ち帰り、会場冷暖房の控えめ設定、駐車場での
 アイドリングストップ、自然公園内等でのマナーや注意事項等についての
 説明や協力の呼びかけ  など

  植樹や魚の放流などを行う場合は、生態系への影響に配慮
 します。
 



 

「(5)交通・運搬手段の利用」に戻る      「(7)撤収・原状回復」に進む