スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 環境生活部 > 循環型社会推進課 >  不法投棄や不適正な処理を見つけたときは

北海道の分類: 環境・まちづくり > 環境保全・リサイクル > 不法投棄対策

最終更新日:2015年5月29日(金)


不法投棄や不適正な処理を見つけたときは


 

  
 廃棄物の不法投棄や不適正処理(不適正保管等)を見つけたときは、トラブルが及ばないよう、御自身では対処せずに、以下により速やかにお知らせください。

不法投棄:処分場以外の場所に廃棄物をみだりに捨てること

 見つけたら…
  1 場所を確認してください。
  2 可能であれば、投棄されている廃棄物の種類や状況などを確認してください。
  3 投棄者が現にいる場合は、可能であれば特徴を確認してください。(会社名、車であれば車種、ナンバーなど
  4 産廃110番(道庁フリーダイヤル)または警察署連絡し、1,2,3で確認した事項をお知らせください。
  5 夜間や休日の場合は、産廃110番のFAXまたは留守電、もしくはメールでお知らせいただくか、警察署に
  お知らせ
ください。 

不適正処理:廃棄物の処理施設、処分場、保管場所などで、法に基づかない処理を行っていること

 見つけたら…
  1 場所を確認してください。
  2 可能であれば、不適正な処理が行われている廃棄物の種類やその処理状況などを確認してください。
  3 可能であれば事業所の場合は事業者名行為者が現にいる場合は特徴を確認してください。
   (会社名、車であれば車種、ナンバーなど)
  4 産廃110番(道庁フリーダイヤル)に連絡し、1,2,3で確認した事項をお知らせください。
  5 夜間や休日の場合は、産廃110番のFAXまたは留守電、もしくはメールでお知らせください。



連 絡 先 は
産廃110番(フリーダイヤル)で知らせる メール(HP)で知らせる(※)
 日時、場所、状況などできるだけ詳しくお知らせください。  メールには、日時、場所、状況などできるだけ詳しくお書きください。
           ・FAX用の様式は、こちらからダウンロードしてください。→ここを押してください
          ・産廃110番の夜間・休日の受付は、FAXまたは留守番電話となりますので、御了承願います。

 

 【※ メールでお知らせいただくときの注意事項】

 北海道庁のホームページでは、お問い合わせやアンケート入力等をいただく際に、外部に情報が漏れることが無いよう、暗号化通信(SSL)を行っています。

 その際に、地方公共団体組織認証基盤(LGPKI)の証明書を利用しており、このため、閲覧環境によっては、「接続の安全性を確認できない」という旨のメッセージが表示されることがあります。

 (メッセージの例) www2.pref.hokkaido.lg.jpに安全に接続するように求められましたが、接続の安全性が確認できませんでした。 

  安全性を確認できるようにするためには、地方公共団体組織認証基盤(LGPKI)のホームページから自己署名証明書をダウンロードし、インストールすることが必要です。また、SSL通信の詳細については、こちらをご覧願います。