スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 環境生活部 > 環境局環境政策課 >  北海道アスベストセミナー


最終更新日:2017年2月20日(月)


北海道アスベストセミナー


 

 平成26年6月1日に大気汚染防止法及び石綿障害予防規則が改正され、総務省、文部科学省、厚生労働省では地方公共団体所有の施設や学校、病院等を対象に保温材、耐火被覆材、断熱材の現状把握のための調査を全国的に実施しています。

 道では、市町村職員や施設管理者等を対象に、平成29年1月27日に札幌市内で、2月14日に函館市内で「北海道アスベストセミナー」を開催し、法令の改正内容や煙突用断熱材の調査等に係る情報を提供しました。
 つきましては、セミナーで配付した主な資料を掲載しますので、御活用願います。

○主な配付資料
  ・平成26年6月1日から改正「石綿障害予防規則」が施行されます
 ・建築物などの解体等作業の事前調査における留意事項
 ・石綿による環境汚染・健康被害をなくそう
 ・「アスベスト対策に関する行政評価・監視」勧告と環境省の対応
 ・建築物の解体等に係る石綿飛散防止対策マニュアル ※環境省HPへ移動します
 ・「災害時における石綿飛散防止に係る取扱いマニュアル」パンフレット
 ・煙突内部に使用される石綿含有断熱材における除去等について
 ・煙突内部に使用される石綿含有断熱材に係る留意事項について
  ・大気汚染防止法による規制
 ・解体等工事を始める前に
 ・道有施設における石綿含有保温材等点検マニュアル