スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 環境生活部 > 環境局エゾシカ対策課 >  微生物によるエゾシカの減量化処理手引書


最終更新日:2017年5月30日(火)


微生物によるエゾシカの減量化処理手引書について


              微生物によるエゾシカの減量化処理手引書について

     エゾシカ対策課では、増えすぎたエゾシカの捕獲を進めてきました。

     捕獲したエゾシカは、食肉などとして利活用する場シカの群れ合を
    除き、廃棄物の処理及び清掃に関する法律に基づき、
    捕獲個体やその残滓は各市町村の処理施設で焼却ある
    いは埋立処分されます。しかし、処理の余力が不足して
    いる場合には、エゾシカのような大型野生動物やその
    残滓の処理は施設にとって負担となります。

     本書は、道内の複数の市町村等で行われている
    好気性分解(※)によるエゾシカの減量化事例について
    紹介し、エゾシカ及び利活用後の残滓を適正処理する
    ため
検討の一助となるよう作成したものです。

     (※ 好気性分解 … 酸素が十分ある状態で微生物が
                   有機物を分解する作用のこと)


      詳細は、次のPDFファイルをダウンロードして、ご覧ください。
      【PDFファイル(微生物によるエゾシカの減量化処理手引書)】