スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 環境生活部 > 環境局エゾシカ対策課 >  「エゾシカ肉処理施設認証制度」ロゴマークの決定について

北海道の分類: 環境・まちづくり > 北海道の自然 > 野生生物の保護管理

最終更新日:2016年10月14日(金)

「エゾシカ肉処理施設認証制度」ロゴマークの決定について

1 趣旨
  北海道では、より高度な衛生管理のもと、エゾシカ衛生処理マニュアルに基づいた適切な処理を行う食
 肉処理施設を北海道が認証する「エゾシカ肉処理施設認証制度」を平成27年12月に策定し、平成28
 年10月から運用を開始することとしています。
  この制度を広く周知することを目的とし、認証を取得した食肉処理施設で生産されるエゾシカ肉と、その
 肉を使用した加工品に表示するロゴマークを公募し、このたび、決定しました。

2 決定までの概要
 (1)募集期間
     平成28年1月4日~2月12日
 (2)募集結果
     応募総数275作品
 (3) 選考状況
     一次選考:環境生活部職員10名により14作品を選出
     二次選考:「エゾシカ肉処理施設認証制度設計委員会」の委員により最優秀作品を選出

3 最優秀作品について
 (1)応募者
     上田 睦美 氏 (札幌市在住・デザイナー)
 (2)作品

認証ロゴマーク

 (3)受賞理由
     「自然の中で生きるエゾシカ」をイメージさせるとともに、 「安全」や「認証品」であることが
   分かりやすく表現されているため
  

4 その他
 このマークは、「エゾシカ肉処理施設認証制度」のロゴマークとして、認証施設で生産された
エゾシカ肉や、その加工品に表示されます。
(※表示に際しては、事前の申請と使用許諾を受ける必要があります。認証制度のページへリンク


戻る