スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 環境生活部 > 環境局エゾシカ対策課 >  エゾシカ猟の可猟期間・可猟区域


最終更新日:2017年8月18日(金)

エゾシカ猟の可猟期間・可猟区域等

 北海道の狩猟期間は、10月1日から翌年1月31日までですが、北海道において著しく増加しているエゾシカについては、「北海道エゾシカ管理計画」の目標達成のため、毎年の生息状況を検討したうえで、狩猟期間の延長等が行われる場合があり、その期間は地域によっても異なります。

 また、可猟区域であっても、鳥獣保護区や捕獲禁止区域などエゾシカの捕獲が制限されている地域がありますので、エゾシカ猟を行う方は、狩猟を行う年度の可猟期間・可猟区域を狩猟者登録時に配布する鳥獣保護区等位置図で必ず確認をお願いします。

 なお、平成26年10月1日から、北海道エゾシカ対策推進条例により、エゾシカを捕獲する目的での鉛弾の所持が禁止され、違反した場合には、3ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金に処されます。

 ハンターの皆さんにおかれましては、安全な狩猟に努めていただくとともに、鉛弾を所持、使用することのないようご注意ください。(詳しくはこちら



◎平成29年度のエゾシカ猟の可猟期間、可猟区域及び捕獲制限は、こちらをご覧ください。
 (平成30年3月 エゾシカの銃猟について自粛をお願いする区域は、こちらをご覧ください。)

◎平成29年度の狩猟者登録の方法については、こちら(生物多様性保全課)をご覧ください。

占冠村猟区、西興部村猟区の可猟期間は、平成29年9月15日から平成30年4月15日です。
猟区での狩猟については、下記までお問い合わせください。
トップページに戻る