スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 環境生活部 > 環境局エゾシカ対策課 >  平成28年度 エゾシカ有効活用の取組


最終更新日:2017年6月02日(金)

平成28年度 エゾシカ有効活用の取組について

目次
 1 エゾシカ出前講座
 2 レストラン向けエゾシカ肉のPR
 3 学校給食関係者向けエゾシカ肉のPR
 4 エゾシカウィーク
 5 包括連携協定による事業


1 エゾシカ出前講座

 北海道の未来社会の担い手である子どもを主な対象とし、エゾシカ肉の試食や角革クラフトなどを組み合わせた出前講座を行っています。平成28年度は下記の教育機関を中心に、計21団体・770人を対象に出前講座を実施しました。

H28.06.23 釧路市 北海道教育大学釧路校
H28.09.23 帯広市 帯広緑陽高校
H28.09.27 大樹町 大樹高校
H28.09.28 広尾町 広尾高校
H28.10.03 帯広市 帯広北高校
H28.10.14 豊富町 豊富高校
H28.10.17 更別村 更別農業高校
H28.10.18 帯広市 帯広農業高校
H28.10.19 室蘭市 大谷室蘭高校
H28.11.15 帯広市 帯広工業高校
H28.11.18 帯広市 帯広緑陽高校
H28.11.18 石狩市 緑苑台小学校
H29.01.13 士別市 中士別小学校
H29.01.16 札幌市 市立大通高校


エゾシカの生息数の増加などに伴う農林業被害の増大などの問題やその捕獲対策、さらには地域資源としての有効活用の方策を紹介し、エゾシカの有する多面的な価値や環境保全の重要性について学習する機会を提供しています。







2 レストラン向けエゾシカ肉のPR

(1)エゾシカ肉と北海道食材の料理講習会(平成28年11月15日、東京都品川区)

 首都圏の飲食店を対象とし、エゾシカ肉と北海道食材をテーマとし、講話と試食会からなる料理講習会を開催。ジビエの取扱やその検討をする飲食店等、38店舗が参加しました。
(2)エゾシカで集客!外国人旅行客おもてなしセミナー(平成28年11月28日、札幌市)

 増加する外国人旅行客の獲得を目指す道内の飲食店を対象とし、集客効果を高めるためのエゾシカ肉活用セミナー及び試食会を実施。外国人が多く利用する飲食店等、道内52店舗が参加しました。

3 学校給食関係者向けエゾシカ肉のPR

(1)平成28年度北海道学校給食コンクール(平成29年1月6日、札幌市)

 優れた栄養特性を有するエゾシカ肉を学校給食へ普及させるため、北海道教育委員会及び公益財団法人北海道学校給食会が主催する平成28年度北海道学校給食コンクールに協力しました。

 栄養教諭等及び調理従事者により構成された5チームが出場し、エゾシカ料理を主菜とする多彩な献立が提案され、実際に調理されました。審査の結果、七飯町学校給食センターの「エゾシカ肉の南蛮炒め」を含む献立が最優秀賞を受賞しました。
 http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/ktk/kyusyoku/chorikonkuuru.htm

(2)学校給食研究大会等への出展
 学校給食関係者が集まる研究大会等において、エゾシカ肉をPRするブースを出展しました。

 ・北海道学校給食研究大会
 (平成28年8月9日、池田町)

 ・北海道学校給食協議会
 (平成28年10月21日、函館市)

4 エゾシカウィーク

 全道の「シカの日」参加店※などに協力いただき、さっぽろ雪まつり期間(平成29年2月6日~2月12日)に合わせエゾシカ料理を提供する消費拡大キャンペーンを行いました。

※毎月第4火曜日の「シカの日」にエゾシカ肉料理を提供するなどの条件を満たし、エゾシカ肉消費拡大の趣旨にご賛同いただいている飲食店・販売店

 エゾシカウィークは平成23年度から開催しており、平成28年度の参加店舗数は過去最大の137店舗となりました。

年度 H23 H24 H25 H26 H27 H28
参加店舗数 77 79 89 102 125 137


 「シカの日」参加店への登録応募は随時受け付けておりますので、エゾシカの取扱をされている飲食店や販売店は、ぜひ参加をご検討ください。

     「シカの日」参加店 募集要項(PDF)


5 包括連携協定による事業

○コープさっぽろ
 道とコープさっぽろ、エゾシカ食肉事業協同組合は、平成25年10月から三者による環境施策の啓発活動に関する協働事業を行っており、 コープさっぽろでは、一部店舗においてエゾシカ肉(精肉(チルド)、加工品)の販売を行っています。平成27年10月には取扱店舗が拡大し、現在道内30店舗での取扱があります。

精肉(チルド)・加工品販売店
  Lucy(ルーシー)店、Socia(ソシア)店、かじ店、パセオ川沿店、しがイースト店、
  ベルデ店、Shena(シーナ)店、みわ店、貝塚店、遠軽みなみ店
加工品のみの販売店
  あいの里店、平岡店、藤野店、にしの店、いしかり店、小樽南店、倶知安店、余市店
  いしかわ店、湯川店、ひとみ店、ステイ店、だて店、パセオ堺町店、
  富良野店、東光店、るもい店、岩見沢南店、あばしり店、中央店
販売店のリストはこちら(PDF)



 また、平成28年9月17日には、体験を通して「食」や「くらし」「環境」について子どもからご家族で楽しく学べる「食べる・たいせつフェスティバル(室蘭)」においてエゾシカ出前講座を実施しました。

○イオン
 イオン系列(イオン北海道、マックスバリュ北海道)では、平成27年6月より、一部店舗においてエゾシカ肉(精肉(冷凍)、加工品)の販売を行っています。
平成28年には取扱店舗が拡大し、道内19店舗(イオン16店舗、マックスバリュ3店舗)での取扱があります。

イオン
  札幌桑園店、札幌元町店、札幌苗穂店、札幌平岡店、
  札幌発寒店、新さっぽろ店、札幌麻生店、東札幌店、
  苫小牧店、静内店、釧路店、北見店、旭川駅前店、名寄店、上磯店、湯川店
マックスバリュ
  マルヤマクラス店、八軒5条店、堀川店
販売店のリストはこちら(PDF)



 また、平成28年7月29日には、湯川・上磯イオンチアーズクラブの小学生を対象に、エゾシカ出前講座も実施しました。

○サッポロビール
 平成28年7月2~3日に、サッポロガーデンパークで開催された「道産子★感謝DAY」においてエゾシカ肉消費拡大のPRを実施しました。
○NEXCO東日本
 平成28年6月6日にエゾシカメニューコンテストを実施するとともに、平成28年7~9月の期間、道内5箇所10店舗のSA・PAにおいて、コンクールに応募されたメニューを販売しました。
○セコマ
 クラブカードのポイント景品に、エゾシカ製品(エゾシカセーム革)が掲載されています。
 https://map.seicomart.co.jp/item/detail/9976
○JCB
 北海道の様々な情報を発信する「北海道サイト」でエゾシカ肉について紹介しています。
 http://www.jcb.jp/area/hokkaido/more/yezodeer/index.html