スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 環境生活部 > 道民生活課 >  北海道青少年健全育成条例に基づく有害指定

北海道の分類: くらし・医療・福祉 > 子ども・青少年 > 青少年

最終更新日:2016年7月19日(火)

北海道青少年健全育成条例に基づく有害指定について

 
 北海道では、北海道青少年健全育成条例に基づき、青少年が心身ともに健やかに成長することが出来る社会環境を整えることを目的として、青少年の観覧、閲覧、使用等が不適切と認められるものについて規制を行っております。


■■■■ 「有害興行」の指定  ■■■■

     興行の内容が著しく粗暴性を助長し、性的感情を刺激し、又は道義心を傷つけるもの等であって、青少年の健全な育成を害するおそれがあると認められるときは、その全部又は一部を有害興行と指定し、青少年に観覧させることを禁止しています。(条例第15条)
     

      ● 平成28年度有害興行指定一覧   (H28 .7.19更新)

    ● 平成27年度有害興行指定一覧   
      ● 平成26年度有害興行指定一覧   
    ● 平成25年度有害興行指定一覧


■■■■  「有害図書類」の指定 ■■■■

  図書類の内容の全部又は一部が、著しく粗暴性を助長し、性的感情を刺激し、又は道義心を傷つけるもの等であって、青少年の健全な育成を害するおそれがあると認められるものを有害図書類に指定し、青少年への販売等を禁止しています。(条例第16条)

 

       ● 平成27年度有害図書類指定一覧  (H28.4.8更新)
       ● 平成26年度有害図書類指定一覧
   ● 平成25年度は指定実績なし
   ● 平成24年度有害図書類指定一覧
   ● 平成23年度有害図書類指定一覧

  上記のほか、次に該当する図書類は自動的に有害図書類とみなされ、青少年への販売等が禁止されています。

   ○  書籍又は雑誌
          全裸等での卑わいな姿態等を掲載したページが3分の1以上を占めるもの
   ○  録画テープ又は録画盤
      ・全裸等での卑わいな姿態等の描写の時間が連続して3分又は合わせて5分を超えるもの
      
・(一社)日本コンテンツ審査センターと(一社)コンピューターソフトウェア倫理機構が青少年の視聴を不適当としたもの
       (有害図書類の指定に係る審査団体の指定について

      また、これらに準ずる内容の図書類についても事業者の方々の自主的な規制をお願いしております。


■■■■ 「有害がん具類」の指定 ■■■■

  がん具類の形状、構造又は機能が青少年の健全な育成を害するおそれがあると認められるものを有害がん具類として指定し、青少年への販売等を禁止しています。(条例第19条)

    ● 有害がん具指定状況
       エアガン(空気銃、ガス銃)で発射弾丸の有する単位面積当たりのエネルギーが銃口の直前で0.07kgm/平方センチメートル
    以上を
有するもの
 
  
  上記のほか、次に該当するがん具類は自動的に有害がん具類とみなされ、青少年への販売等が禁止されています。

 
  ○ 専ら性交又はこれに類する性行為の用に供するがん具類であって、規則で定める形状、構造又は機能を有するもの
   ○ 下着の形状をしたがん具類
   ○ 着用済みの下着であるとして、又はこれと誤認される表現若しくは形態を用いて、包装箱その他の物に収納されている
     がん具類


■■■■ 「有害刃物」の指定 ■■■■

   刃物の形状、構造又は機能が、人の生命又は身体に対し、危険又は被害を誘発するおそれがあると認められるものを有害刃物として指定し、青少年への販売等を禁止しています。(条例第20条)

   ● 平成20年08月15日指定(北海道告示第542号)


■■■■ 「有害広告物」の指定 ■■■■

   青少年の健全育成を阻害する恐れのある広告物を有害広告物として指定し、その設置や青少年への頒布等を禁止しています。(条例第22条)


  詳しくは条例及び規則を参照してください
   北海道青少年健全育成条例
   北海道青少年健全育成条例施行規則
   北海道青少年健全育成条例関係様式
        北海道青少年健全育成条例による有害興行等の禁止指定等に関する認定基準