スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 環境生活部 > 道民生活課 >  北海道協働推進基本指針について


最終更新日:2014年8月25日(月)

>北海道のNPO・協働 

北海道協働推進基本指針について 

「北海道協働推進基本指針」は、構造改革の柱の一つとして、また道政運営の基本理念の一つである「市民と行政の協働による地域社会づくり」に向けて、これまでの協働の取組を踏まえ、今後、協働を進めていくための具体的な方策を明らかにするとともに、その着実な推進を図ることを目的として、平成15年3月に策定しました。
道では、今後とも指針に基づき、市民と行政による地域社会づくりを推進していきます。

北海道協働推進基本指針(平成15年3月策定 平成18年4月 一部改定) (PDF版)

民間企業との協働の手引きについて

道では、「北海道協働推進基本指針」で示されている「協働に取り組む上での留意事項」をベースに、職員一人ひとりの意識の持ち方や行動の取り方など、ポイントを整理した職員向けの手引きを策定しています。
 協働のパートナーは、民間企業やNPOなど多様な主体が考えられますが、職員が意識する点、行動上の留意点には、共通する部分が多いことから、この手引きを、様々な形態での協働の場においても、活用していきたいと考えています。

▼民間企業との協働の手引き (平成21年10月策定) (PDF版)