ホーム > 環境生活部 > 道民生活課 >  交通安全対策に関する施策・情報

北海道の分類: くらし・医療・福祉 > 交通安全 > 交通安全

最終更新日:2019年10月16日(水)

交通安全対策に関する施策・情報


令和元年 交通安全運動のスローガン
ストップ・ザ・交通事故
~めざせ 安全で安心な北海道~

飲酒運転根絶ロゴマーク

↑北海道飲酒運転根絶ロゴマーク↑

緊急メッセージ

本年の道内交通事故死者数  111 (10月15日現在)
詳細は こちら をクリックしてください。
交通事故警報
現在、交通死亡事故多発警報は発表されていません。
詳細は こちら をクリックしてください。
非常事態宣言
現在、非常事態宣言は発表されていません。
飲酒運転根絶緊急対策
現在、飲酒運転根絶緊急対策は発表されていません。
詳細は こちら をクリックしてください。
自転車貸付業者等は、
自転車損害賠償保険等の加入が
義務となりました

 北海道では、環境の負荷の低減や災害時の交通機能の維持、さらには道民の皆様の健康増進など、自転車の持つメリットを生かし、自転車利用者・歩行者の安全確保を図ることを目指して平成30年4月1日から「北海道自転車条例」を施行しています。
 条例では、自転車の安全な利用のため、乗車用ヘルメットの着用や、自転車の側面への反射器材の着用のほか、万が一の事故に備え、自転車損害賠償保険等の加入について規定し、 特に、レンタサイクル事業者・自転車を業務で使用する事業者の皆様に対しては、
     平成30年10月1日から保険への加入を義務化
しています。
 詳細はこちらをクリックしてください。

横断歩道は、歩行者優先です!

〇 ドライバーの方へ 

  横断歩道を横断しようとする人がいるときは、横断歩道の手前で一時停止をして横断する人に道を譲りましょう。
  横断歩道付近に人がいるときは、すぐに停止できる速度で、しっかりと安全確認をしましょう。

〇 歩行者の方へ 交通安全のポイント

  •  横断歩道を渡りましょう。
  •  横断前に、左右の安全確認をしましょう。
  •  横断中も、周囲の安全を確認しましょう
  •  車が止まってから横断しましょう。
  •  子どもや高齢者がいる場合は手助けしましょう。

  皆さんの行動で防げる交通事故があります。
  ひとりひとりが交通ルールを正しく守り、交通事故にあわないように気をつけましょう!

あおり行為は危険です!
絶対にやめましょう!

 あおり行為により交通事故を引き起こし、人を死傷させた場合は、危険運転致死傷罪に問われることもあります。
 ドライバーの皆さんは、譲り合いの精神を持って、交通ルールの遵守・運転マナーの向上に努めましょう。

【走行車両に対して】

  •  むりやり前に割り込んだり、幅寄せする行為
  •  必要以上に車間距離を詰める行為
  •  不必要な進路変更を繰り返したり、急ブレーキをかけたりして他車の進行を妨害する行為

上記のような行為は、違反となります。

【あおり行為を受けたら】

  •  相手の挑発に乗らない
  •  左側端に寄って停止し、相手をやり過ごす
  •  相手が降車してきても窓やドアは開けない、ドアロックをする
  •  近くの安全な場所に待避(警察署、交番等)
  •  不安を感じたら110番通報する

 【ドライブレコーダーを有効活用しましょう】

  ドライブレコーダーは、あおり運転対策など様々な場面で役立ちますので、有効活用しましょう。

  詳しくはこちら

 

高齢者の交通事故防止

運転者の皆さんは、高齢者の道路横断に対応できる安全な速度で、運転しましょう。
高齢運転者の皆さんは、体調に不安があるときは運転を控えるなど、無理のない運転を心がけましょう。
高齢者の皆さんは外出するときは、明るい服装で反射材を身に付けましょう。
横断歩道や信号機のある交差点が近くにあるときは、その横断歩道や交差点で横断しましょう。


<< スマートフォン等の安全利用について!>>


 海外でヒットしているスマートフォン向けゲームが日本でも配信されているところです。
 自動車・原動機付自転車・自転車の運転中は、道路交通法により携帯電話等の使用が禁止されています。

 また、歩行中や自転車乗車中に、スマートフォンやイヤホンを使用すると、周囲の状況に注意が及びにくくなるため、交通事故の当事者になったり、ひったくりやちかんの犯人から狙われる等様々な危険性があります。

 事故や犯罪から身を守るためには、周囲にしっかりと気を配りながら行動することが大切です。

 スマートフォンなどの機器は便利な一方で危険性もありますので、上手に楽しく利用しましょう。

ホームページのリニューアルのお知らせ

 交通安全グループでは現在ホームページのリニューアルを実施しています。
 これに伴い、既存のページやファイルのアドレスが変更または削除されることがありますので、ご了承ください。

新着情報
◆ 令和元年(2019年)
◆ 平成30年(2018年)
◆ 平成29年(2017年)
◆ 平成28年(2016年)

条例・計画・交通安全運動

交通安全教育のポイント解説

(以下の資料は2006年頃にかけて作成したものであり、データは更新しておりませんのでご使用の際にはご注意ください)

交通事故でお困りの時は

交通安全教育用資料

交通事故統計

外国語による交通安全情報

平成30年版交通安全緑書(PDF)

啓発用ポスター・チラシ

リンク

 

<< 交通事故調査と称した不審な電話にご注意を!>>

 最近、事業所等に「道庁の交通安全対策をしている者」と称して電話をかけ、「交通事故調査を行っている」、「交通安全対策の資料を送付したい」と言い、職員の方の住所・氏名・電話番号等を聞き出そうとする事案が発生しております。  現在、当課において、このような電話による調査や問い合わせは一切行っておりません。
 充分、ご注意ください。

問い合わせ先 
   北海道環境生活部くらし安全局道民生活課(交通安全グループ)
   ・ 電話 011-204-5219(直通)
   ・ FAX 011-232-4820
   ・ E-mail kansei.dousei2@pref.hokkaido.lg.jp
    (メールを送られる際には、@を小文字に変更してください) 

※ PDFファイルについて
     PDF
ファイルの閲覧には「Adobe Reader」が必要です。

   ダウンロードは  アドビ社のページへ 
をクリックしてください。


このページの情報はお役に立ちましたか?