交通事故問題解決の手引                             

交通事故!!

 日々の厳しい交通事故情勢の中にあって、無事故はだれもの願いであり、よもや交通事故の当事者になることを望む人はいないでしょう。しかし、「くるま社会」がますます進む今日、だれもが一瞬にして交通事故の加害者や被害者になりかねません。そのような場合には、運転免許の停止など行政上の処分はもとより、民事、刑事上の責任を負うことも珍しくありません。交通事故は本人だけでなく、その家族の人生をも狂わせてしまいます。
 不幸にして交通事故に巻き込まれると、民事上の損害賠償問題が発生します。損害賠償の根拠となる法律の難しさもありますが、事故の当事者になったショックや不安などに駆られ、損害賠償手続・賠償額について何の知識も持たないまま示談したり、いわゆる「示談屋」に解決を依頼して多額の報酬を要求されるというケースもあります。誠意と良識ある対応を心がけることはもちろんですが、保険請求の手続や賠償額の算定基準などについてある程度の知識を持っていると、損害賠償問題は円満な解決に進むことが多いようです。
 この手引では、交通事故の当事者だけでなく広く一般の方々にも理解していただけるよう、主に自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の説明をしています。皆さんのお役に立てていただければ幸いです。

 

北海道環境生活部道民生活課
北海道交通事故相談所

               

はじめに
交通事故にあったとき
賠償請求できる損害
人身事故の損害賠償支払基準
傷害による損害
後遺障害による損害
死亡による損害
死亡に至るまでの傷害による損害
減額
物損事故の損害賠償
過失相殺
交通事故と健康保険
保険金(損害賠償金)の請求
損害賠償の解決
自動車保険
政府保障事業等