スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 環境生活部 > 道民生活課 >  北海道交通安全基本条例TOP(道民生活課)


最終更新日:2012年4月04日(水)


北海道交通安全基本条例TOP(道民生活課)


北海道交通安全基本条例について

北海道交通安全基本条例が平成11年1月1日施行されました。(一部改正 平成21年3月31日条例第21号)

この条例は、北海道における交通事故死者数が、平成4年以降連続して都道府県別で全国ワーストワンとなっているなど大変厳しい状況が続いていることから、人命の尊重を基本として、道民一人ひとりが、それぞれの責務を、自主的かつ積極的に果たしていくことにより交通事故に対する不安のない安全な生活を確保していこうとするものです。

道としては、交通安全対策に、より一層積極的に取り組み、国、市町村、関係機関・団体と一体となって、交通事故死者数全国ワーストワンの返上を目指します。

下のイラストがイメージマップになっています。マウスを重ねると、各ページへのリンクが現れます。どうぞご覧下さい。
すぐ下のテキストからもリンクできます。


はじめに道等の責務歩行者の責務道路等の設置者等の責務車両の運転者等の責務事業者の責務歩行者の責務歩行者の責務歩行者の責務車両の運転者等の責務条例に基づく基本施策条例の目的条例の目的条例の基本理念事業者の責務道路等の設置者等の責務歩行者の責務道路等の設置者等の責務車両の運転者等の責務条例全文イメージマップです。見たい項目をクリックしてね


上記イラストは、交通安全基本条例施行時に製作・配布したリーフレットの表紙から作成しました。