スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 環境生活部 > 道民生活課 >  新型コロナウイルス感染症に関連した人権への配慮について

北海道の分類: くらし・医療・福祉 > 男女平等参画・人権 > 人権啓発

最終更新日:2020年6月26日(金)

新型コロナウイルス感染症に関連した人権への配慮について

<知事メッセージ>

道民の皆様へ 

  新型コロナウイルス感染症に感染するリスクを抱えながら、命と健康を守るため治療を行って
 いる医療従事者の皆さん、ケアを続けている介護従事者の皆さんがいます。

   患者さん、医療・介護に従事されている皆さん、そしてご家族の方々には、いわれのない
 差別や偏見で、心を痛めている方々がいます。こうしたことは、決してあってはなりません。

   道民の皆様には、不確かな情報に惑わされて差別や偏見につながらないよう、正しい情報に
 基づいて冷静に行動していただくようお願いします。

   全ての道民が心を一つにして、新型コロナウイルス感染症に立ち向かいましょう。


 令和2年6月

                                                         北海道知事  鈴木 直道  


  新型コロナウイルス感染症に関連して、不確かな情報に惑わされて、人権侵害につながる
 ことのないよう、国や自治体が提供している正しい情報に基づき、冷静な行動をお願いします。


 ◎感染した方々等に対する不当な差別、嫌がらせ(道への相談事例)

  • 罵声を浴びせられた。
  • 嫌がらせメールを送りつけられた。
  • 子どもの通園や通学を拒まれた。
  • タクシーの乗車を拒否された。

 ◎行動等自粛要請への対応に関連する嫌がらせ(報道事例)

  ◇居住地以外のナンバー車輌に係る事例

  • 傷を付けるなどの破損行為。
  • あおり運転。
  • 「出て行け」などの紙を貼る。
  • 他県ナンバーの車を写真撮影し、SNS上で公開する。

  ◇営業している店舗に係る事例

  • 「自粛してください」などの紙を貼る。
  • 頻繁な苦情電話をかける。
  • 休業要請に応じていないとSNS上などで指摘する。

  ◇地域における事例

  • 「昼間に子どもの声がうるさい」と警察に通報する。
  • 「自粛中なのに遊んでいる」と警察に通報する。


政府インターネットテレビ(外部サイトへリンク)

◆「新型コロナウイルス対策6」篇 (令和2年4月3日公開)
新型コロナウイルス対策6


インターネットによる相談窓口

法務省インターネット人権相談受付窓口(外部サイトへリンク)


電話による相談窓口


みんなの人権110番(全国共通人権相談ダイヤル)

0570-003-110 (平日午前8時30分から午後5時15分まで)

子どもの人権110番

0120-007-110  (平日午前8時30分から午後5時15分まで) 

女性の人権ホットライン

0570-070-810 (平日午前8時30分から午後5時15分まで)

その他の相談窓口

配偶者暴力の相談窓口(北海道環境生活部道民生活課へリンク)

児童虐待防止の取組について(北海道保健福祉部子ども子育て支援課へリンク)

消費生活相談受付窓口(北海道環境生活部消費者安全課へリンク)

このページに関するお問い合わせ
〒060-8588 北海道札幌市中央区北3条西6丁目
北海道環境生活部くらし安全局道民生活課
電話番号:011-231-4111 内線24-176
FAX番号:011-232-4820