スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 環境生活部 > 道民生活課 >  19評価結果


最終更新日:2013年3月28日(木)


19評価結果


> 協働評価の実施について

平成19年度協働評価について
   
<平成19年度協働評価実施事業>※1 
事   業   名 担当部課(局)名※2

 

 
北海道遺産構想     

 
企画振興部地域振興・
計画局
地域づくり支援室

 
平成19年度環境の村事業
 
環境生活部環境局
環境政策課

 
平成19年度高山植物盗掘防止パトロール業務
 
環境生活部環境局
自然環境課

 
平成19年度海棲哺乳類保護委託業務
 
環境生活部環境局
自然環境課

 
平成19年度市民活動促進講座開催業務
 
環境生活部生活局
道民活動文化振興課

 
北海道認知症介護研修業務(実践リーダー研修、開設者研修)
 
保健福祉部福祉局
高齢者保健福祉課

 
高次脳機能障害者支援事業(就労支援・就学支援・施設支援)
 
保健福祉部福祉局
障害者保健福祉課

 
平成19年度道民森づくりネットワークの集い実施事業
 
水産林務部森林管理局
森林活用課
  (※1)詳細は別添平成19年度協働評価実施事業についてのとおり (Excel形式:22KB)
  (※2)担当部課(局)名は平成19年度実施時現在
 
 協働評価の手順
 (1) 評価シートに記入
   事業実施後、市民活動団体側と道の実施部局それぞれが「協働事業評価シート」に記入します。
 (2) 評価シートの提出
   実施部局は、市民活動団体及び実施部局の評価シートを北海道環境生活部生活局道民活動文化振興課に提出します。
 (3) 評価結果の公表と活用 
   提出された評価シートを道民活動文化振興課で公表様式に取りまとめ、協働推進会議の決定の後、当課のホームページで公表します。
   評価結果を踏まえ、協働による取組過程での改善など、次の協働の取組をより効果的に進めるために活用します。
 
4 協働評価の結果
  協働評価の実施結果は次のとおりです。
 
 (1)平成19年度協働評価結果
   平成19年度協働評価結果整理表(公表用)1(項目集計) (Excel形式:42KB)
   平成19年度協働評価結果整理表(公表用2)(項目分析・感想、意見、提言等)(Excel形式:27KB)
 
 (2)評価結果の概略
 
ア 評価評価に関して
  協働評価を実施することで、「協働」の意識付けが明確になると思われ、意義があるとの意見が見られました。
 
  また、評価シートを別々に記入するのではなく、次のより良い関係を築いていくために、双方で話し合いがあってもいいように思うとの意見も見られました。
 
  団体、道ともに事業の目的を共有し、役割分担や責任を明確にし能力を発揮することについては同様の認識を持っていた傾向にあったことが伺えますが、目指す目標の達成感と次の協働への発展性に関しては評価が低く、高い意識があったものの、協働への評価には結びつかなかったことも伺えました。
 
 
   イ 協働全般に関して
     委託契約の形態における「協働」の難しさについての意見も見られ、お互いの持つノウハウを最大限活用するためには、双方の特性を理解したうえで、相互に知恵を出し合って遂行できる仕組みが必要ではないか、との意見がありました。
 
     継続して協働評価を実施した事業において、事業自体の評価(成果)と協働による取り組みに対する評価が必ずしも一致しない状況が一部見られました。
 
    団体と行政との関係において、「協働」の概念がどの程度共有されているのかによって、協働による取組に対する評価にも温度差が生じてくることが考えられます。