スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 環境生活部 > 文化局文化振興課 >  関連施設のご案内


最終更新日:2020年5月07日(木)


関連施設のご案内


  
【文化振興課 関連施設における臨時休館について】
 
 道では、新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止のため、 文化振興課関連施設を臨時休館しています。
 臨時休館の期間及び施設は、以下のとおりとなっております。
 この間、利用者の皆様には、ご不便をおかけいたしますことをお詫び申し上げます。

 【休館期間】(再延長)

   令和2年(2020年)5月15日(金)まで

 

 【休館施設】

   ・北海道博物館

   ・北海道開拓の村

   ・自然ふれあい交流館

   ・北海道立オホーツク流氷科学センター

  
    ※ 今後の状況により、休止期間等を変更する場合には、改めてお知らせします。

【文化振興課 関連施設によるご家庭で楽しめるコンテンツの公開について】
 
  北海道博物館及び北海道開拓の村において、ご家庭で学び楽しめるコンテンツをウェブサイト上で公開しています。

  

 

■北海道博物館 【閉館中】

北海道博物館全景

 平成27年4月18日(土)、北海道開拓記念館と北海道立アイヌ民族文化研究センターが統合して、新たに「北海道博物館」としてオープンしました。

北海道博物館のホームページへ

 


〒004-0006 札幌市厚別区厚別町小野幌53-2
TEL 011-898-0456 FAX 011-898-2657

 北海道博物館へジャンプ

■北海道開拓の村 【閉館中】

開拓の村の馬車鉄道

 北海道開拓当時からの文化の流れを後世に永く伝えることを目的として、昭和58年4月に開村した野外博物館です。54ヘクタールの敷地には、明治・大正期に建築された建造物を復元・再現しているほか、夏は馬車鉄道、冬は馬そりに乗ることもでき、当時の生活を体験的に理解することができます。

開拓の村のホームページへ


〒004-0006 札幌市厚別区厚別町小野幌50番-1
TEL 011-898-2692 FAX 011-898-2694
テレフォンサービス 011-898-1000

 

■自然ふれあい交流館 【閉館中】

ふれあい交流館

 平成13年4月28日にオープンした北海道立野幌森林公園自然ふれあい交流館は、野幌森林公園や北海道の自然に関する情報の提供や交流が出来る場所です。
 交流館にはみなさんが作成した自然に関する情報、写真、研究結果などが発表できる「ふれあいギャラリー」を用意しておりますので、興味のある方は、交流館にお問い合わせください。

自然ふれあい交流館のホームページへ


〒069-0832 江別市西野幌685-1
TEL 011-386-5823 FAX 011-388-7058
テレフォンサービス 011-898-1000

  

■北海道立オホーツク 流氷科学センター(GIZA) 【閉館中】

センター展示

 長い間謎に包まれていた流氷の世界に科学の光をあて、わかりやすく紹介しています。
 一年中本物の流氷に触ることの出来る-20℃の厳寒体験室や、360°の円型ドームスクリーンに流氷やオホーツクの四季をダイナミックに映し出すドームシアター、そして、様々な手法を凝らした展示室で、様々な角度から見た流氷の姿を、体験を通して学ぶことができます。
 また、流氷科学講座や、流氷科学教室、「オホーツクの四季」写真展や絵画展などを開催しています。


〒094-0023 紋別市元紋別11番6号
TEL 0158-23-5400 FAX 0158-23-9844