スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 環境生活部 > 文化・スポーツ局文化振興課 >  北の縄文道民会議と北海道の連携による縄文関連イベントの集中的開催について

北海道の分類: 教育・文化  > 文化・芸術・スポーツ > 文化財

最終更新日:2013年4月15日(月)


北の縄文道民会議と北海道の連携による縄文関連イベントの集中的開催について



3月に集中的に縄文関連イベントを開催しました


 北海道では、「北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録を目指す道民会議(略称:北の縄文道民会議)」※と連携し、3月に集中してイベントを開催しました。多くの方々にご参加、ご来場いただき、厚くお礼申し上げます。

※ 北の縄文道民会議は、縄文遺跡群が世界遺産に登録されるよう、道民をはじめ、国内外の方々にこの遺跡群の価値や意義への理解を深めていただくため、経済界、学識経験者や関係団体など幅広い民間の方々により設立された組織です。


【北の縄文道民会議主催イベント】

◆北の縄文道民会議シンポジウム◆  3月2日(土) 14:00 ~ 17:00 開催   終了しました

  当日は、あいにくのお天気にもかかわらず、多くの方々にご来場いただきました。
  開催の模様を簡単にご紹介しています → 
こちらをご覧ください(クリック)


◆北の縄文入門展◆
             3月12日(火) ~ 14日(木) 開催      終了しました
                             各日10:00 ~ 17:00(講座は12:00 ~ 12:50)

 3日間で、約4,000名の方々にご来場いただきました。
 開催の模様を簡単にご紹介しています。 → 
こちらをご覧ください(クリック)

(会場では、以下の複製を展示していました)
国宝「土偶」赤彩注口土器と土面

国宝「土偶」               「赤彩注口土器」       重要文化財「土面」
函館市著保内野遺跡出土       八雲町野田生1遺跡出土  千歳市ママチ遺跡出土
(写真は函館市教育委員会提供)  (写真はいずれも北海道埋蔵文化財センター提供)


【北海道主催イベント】

◆北の縄文フォーラム2013◆  
3月23日(土) 13:30~16:00開催
     終了しました

 
当日は、会場定数150名のところ、203名の方々にご参加いただきました。
 後日、開催の概要等を掲載する予定ですので、こちらもご覧ください。

→縄文世界遺産推進室トップページにもどる